サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

アウトレットブック ポイント2倍キャンペーン(~11/15)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

歴史とフィクションのコラージュ

2015/08/10 07:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マリアッチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

20世紀のヨーロッパで実際に起きた史実が多く取り入れられている。今までの人間の歴史でよかったことがあったのだろうか?と改めて思わされるような、戦争やジェノサイドに溢れている。語調はとても淡々としていて、陰惨な歴史の話かと思えば、かなり軽い日常の話題も交えて、時代が交錯して、歴史が解体されると同時に再構築される。それは歴史のコラージュであるが、入念な言葉遊びで描かれるおぼろげな20世紀の様相はフィクションに似た響きをもつ。内容に関わらず話題を等しく扱うことで、全ての出来事が重要でないかのように見せかけて、逆にその重要性を浮かび上がらせている。同じことをぐるぐると繰り返しているのが人間なのだろうか。どのレベルまで皆で愚行を阻止することができたのだろうか。そんな疑問が浮かんでくる。

日本翻訳大賞を受賞したのも納得の翻訳とは思えない日本語のスムーズさとテンポの良さがありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

愚かさのリミックスアルバム

2016/05/29 00:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は20世紀のヨーロッパに関する記録・実話・スローガン・学説が虚実ないまぜになった作品です。歴史に詳しくないのでどこからが嘘でどこからが現実なのかがよく分かりませんが、そんなことは分からなくても楽しめる一冊です。

66の段落で構成された人間の愚かさのリミックスアルバムみたいな本なので、歴史上の出来事を題材にした言葉遊び感覚で楽しんで読むのが良いのではないでしょうか。

(文学者と歴史家の共同訳によって実現した日本語版。この作品の魅力を保ったまま他言語に訳すのは相当大変だと思います)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/07 14:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/05 08:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/07/05 11:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/09/30 00:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/04/18 17:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/08/14 21:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/07/02 13:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/10/01 13:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/01/02 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/28 19:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 08:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/26 17:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/11 09:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

17 件中 1 件~ 15 件を表示