サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

監獄学校にて門番を 1(電撃文庫)

監獄学校にて門番を 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/07/14 22:46

投稿元:ブクログ

血沸き肉躍る!!バトルファンタジー!!!拳と拳で語りあいますっ!!!!というのも真実の一端ではあるのですが、しょーもない伏線の回収やつっこみどころのおかしい会話のおかげでただの凄惨な話にならないテンポとバランスを心地よく味わいながら読了。
卒業まで門から出られない通称「監獄学校」で、内臓を抉り背骨を折る勢いで鬱憤をぶつけてくる生徒たちに遊ばれる元引きこもりの門番クレトの姿には落涙を禁じ得ません。
クレトの主観で表現される、謎めいた描写の意味が分かった時のピースが嵌まった気持ちよさと、少しずつ明かされていく70年前の争乱の真相にあとがきまで本が手離せずキッチンに洗面所に本を持ち歩いてしまいました。
この仲間達のこれからのお話がもっと読みたいです。あとクレトの小屋に屋根を。

2014/09/23 14:32

投稿元:ブクログ

澄み渡っていながらも何処かさみしい晩秋の空を思わせる作品。
落ち着いた中に時折混じる軽妙なセリフが心地良く不思議な文体にどんどん作中へ引き込まれてしまった。
過去の取り返しのつかない悲劇や後悔が描かれて居ますが、いわゆる泣かせを押し付けるものではなく、からりと透明な悲しみ中に未来への希望が示されており各登場人物や世界の今後を見届けたい気持ちにさせられます。
主人公が過去の不幸に腐るでもなく全てを諦める訳でもなく自分に出来ることを(ボヤキながらも)愚直にこなそうとする姿がそうさせるのだと思います。
単巻でまとまっていますが是非続きが、できれば大作で種族問題の行き付く先を見届けたいですね。

2015/08/26 19:39

投稿元:ブクログ

そこそこ面白かったです。学園?ファンタジーもの。/作者(藤村由紀)のWeb小説が好きなので読んだのですが、そっちとはだいぶ雰囲気が違いますね。/大量にばら撒いた伏線を一巻で綺麗に回収しているのは好印象。/ただ惜しむらくはヒロインの掘り下げが少なくて、あまり魅力を感じられないところか。まあ、そこら辺は次巻に期待します。/【星4★★★★☆】

3 件中 1 件~ 3 件を表示