サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/11/12 18:13

投稿元:ブクログ

【超速読】知ってるファミコンのとこだけ。ドラクエ、スーマリ、ドラクエⅢ、ロックマン2。ドラクエ3は同じ条件の3音とは思えないほど厚みがありますが、あのめちゃ速い音の階段(分散和音というらしい)によるものだとのこと。ロックマンのドラム・ビートはもちろん、マリオのステージごとに曲を変えるというのも、初期ファミコンでは見られなかったっつーことは実に画期的だったんですね。

2014/07/28 00:46

投稿元:ブクログ

1970年代からビデオゲームをしているジジイゲーマーですが、スーパーマリオ、ドラクエを始点とする、というタイトルに「大丈夫かなあ」と思いつつ予約購入。残念ながら悪い予感が当たりました。筆者の思い入れが強すぎて、「音楽史」ではなく「僕の好きなゲーム音楽の歴史について」といった感じのエッセイになっています。事実誤認の記述が散見されたり、個人の感想を前面に出していて客観性に乏しい内容です。歴史上の画期的な事例としてあげるゲームも「なぜこのゲーム?」と首を傾げてしまうものが多く、「ゲーム音楽史」とは名乗るには厳しい。この本の編集担当者はこの分野の素人だったのかなあ。ゲーム音楽の歴史研究という分野に一石を投じたという意味では貴重な本なので、これを機に、ゲーム業界団体などの支援を受けた本格的な歴史研究が進むと良いのですが。

2014/10/04 00:04

投稿元:ブクログ

こうやってゲーム音楽の歴史をみてみるとひとつの文化になってるなあと思った本。出て来るゲームがドンピシャだなあと思ったら著者とは同年代でした。

ファミリーコンピュータからプレイステーション2が中心ですが、各年代にどのような音楽があったか、またハードの制約でどのような工夫がされていたのか、どういった作曲家がいたのかなど体系的にわかります。

ブログはこちら。
http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4754814.html

2015/02/05 20:12

投稿元:ブクログ

アプローチとして、ハードウェアや音源から、音楽そのものから、もしくは作曲者からと語りかたは色々あるだろうが、それらがごちゃ混ぜになってるので体系的な資料としては扱いにくい。あくまでも読み物。本文はつまらないが、巻末に収録されたインタビューは面白かった。崎元さんは特に、スゴい人だなぁ。

2014/10/11 22:20

投稿元:ブクログ

こんな本を読んだ自分だけど、実は自分はそこまでいろいろなゲームをやる人間じゃなかったので、正直この本に書いてある音楽についてはほとんどどんな曲なのか分からなかった。もしかしたら、説明を読んであの曲だとわかったのは、スーパーマリオブラザーズの地上BGMぐらいかもしれない。
この本を読んで思ったのは、音楽はともかく、ゲーム音源はソニーあってのことだったんだなと。プレイステーションはもちろんだけど、スーパーファミコンに搭載されていた音源もソニーのSPC700というものだったらしい。そういう意味で、ゲーム音楽史におけるソニーの役割は大きかったんだろうなと思った。
それと、この本ではあまり深く触れられてないけど、音楽ゲーム(いわゆる、音ゲー)は1996年末にプレイステーションで発売された『パラッパラッパー』から広まったのだとか。案外歴史が浅いジャンルのゲームなんだなと思った。確かに、ゲーム機や音源の性能があがったからこそできるゲームだけど、それ以前には音ゲーってなかったんだろうか。ファミコンの音ゲーとか。

2014/08/03 15:54

投稿元:ブクログ

2014年7月刊。ゲーム画面は一切出てこない本なので注意。
◆【引用メモ】(古代祐三氏とのインタビューより)当時衝撃を受けたゲームがあって―それはこういったインタビューでは必ず出しているんですけど―それは『スペースハリアー』と『グラディウス』と『ドルアーガの塔』の3本。ただ、ハードウェアのスペックの使い込み具合いで一番衝撃を受けたのは『スペースハリアー』ですね。音質っていう点では当時の常識を越えていて、最初僕は中にCDが入っていると思っていたくらいなんです。(loc.2128)

2014/10/12 10:37

投稿元:ブクログ

最近注目を浴びつつある、ゲーム音楽史についての本。
音楽史、としては超有名なライン(前書きにあるように、ファミコンからスーパーファミコン、そしてプレステというメインストリームのタイトルについてが殆どで、その他はちょっと触れる程度)しかフォローされていないよう感じますが、その分ゲーム音楽の最大の特徴「ハード的な制限の側面」が記述の大半を占めているのが面白いです。少々マニアックなのかもしれませんが、幸い私は組み込み系音声処理の経験があったのでなんとなくわかる部分が多く、とても楽しく読んでました。ゲーム音楽のクリエイターは、作曲家であると同時にエンジニアでもあった、というのが本著最大の発見でした。

こうなると、あわせてもっと詳しいゲーム音楽の系譜というのも欲しくなってきます。ぜひとも早いうちにそれをまとめてくれる人が出てきて欲しいところです。(続刊でもいいのよ?)

2014/10/02 22:14

投稿元:ブクログ

序盤のビットサウンドの解説に一番力が入っていたようだ。ファミコン初期からの名曲は、自由が制限されているからこそ生まれた楽曲であって、メロディのよさはさることながら、その制限の中のやりくりがいかにすごいことかを理解するための一冊。
後半の作曲家へのインタビューも面白い。音源が発達するウラにはどんな苦悩と工夫があったか。
気になった音源はすぐにYouTubeで聴けるのだから本当に恵まれた時代だ。ラグランジュポイントの発展的な音源が印象的だった。

8 件中 1 件~ 8 件を表示