サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

[CPあり]2017冬 メディア化キャンペーン(~1/31)

hontoレビュー

恋の魔法は永遠に醒めない(シフォン文庫)

恋の魔法は永遠に醒めない みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (2件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍

恋を知って変わるヒロイン

2014/11/16 21:53

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:レイローズ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ロヴィーサは、父が亡くなってから屋敷を出ることを元々仲の良くなかった義母に禁止され、義母の意向により社交界にデビューすることも無くただの憧れを日記に描いていた。そんなある日、病気になった半分血の繋がった妹の代わりに公爵のダンスパーティーに出席することになった。しかも義母の命令で、侯爵に妹のハンナとして気に入られるように振舞えと命じられる。
ロヴィーサは、初めての社交界と侯爵ユリウスのあまりにの凛々しいダンス姿にすっかり気後れしていまい、一人俯いて佇んでいると、公爵ユリウスが声をかけてきた。それが魔法の時間の始まりであった----。

自ら考え行動しようとしないヒロイン・ロヴィーサが、ユリウスに恋をしてそのことに気付き変わっていく様が良かったです。また、ロヴィーサとユリウスの愛し合っているのにすれ違ってしまうところも良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/12 22:58

投稿元:ブクログ

義母に冷遇されているロヴィーサが、異母妹ハンナの身代わりに公爵ユリウスの舞踏会に出かけ、ユリウスにキスされた上に拉致同然でユリウスの城に連れていかれて、誤解もあったけど、最後はハッピーエンドって感じのお話。

そもそもハンナとユリウスに面識があるなら、体調不良のハンナの身代わりという設定は不可だと思いますし、なんでユリウスがロヴィーサを見初めたのかもよくわかりませんでした。まあ、そこらへんはスルーで。

あとハンナの協力のもと、ユリウスがロヴィーサの嫉妬心を煽ろうとしてましたけど、それらはことごとく裏目に出て、こんないらんことしなくても普通に最初から好意を伝えていたらよかったのにって思いました。

最後、イラストが周防佑未さんだったんですけど、最近彼女のイラストが雑に見えてしかたがないです。今回もカラーイラストのロヴィーサの顔を最初にみて、ちょっと萎えました。。。ぶさいくすぎます。

2015/02/26 20:35

投稿元:ブクログ

【エロ注意】ロヴィーサが妹のふりをして仮面舞踏会へ行ったら、人気者の公爵の心を射止めた話。

内容薄いというか、公爵がヒロインに惚れた過程見当たらないなぁ……。
出会ってキスして、流されて、好きになってみたいな?

後、妹と瞳の色違うなら仮面被ってもばれるだろとか言っちゃ駄目だろか。
とりあえずキャラに惹かれなかったかなと。

3 件中 1 件~ 3 件を表示