サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

千の輝く太陽

千の輝く太陽 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本

我々の映し身としての彼女たち

2016/05/29 09:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SlowBird - この投稿者のレビュー一覧を見る

アフガニスタンの現代を生きた二人の少女。不義の子として生まれ、戒律や因襲の中で人間扱いをされずに育った少女マリアムは、15歳の時に初老の男に嫁がされる。やがてソ連の侵入、シャーが退いて親ソ政権樹立、ソ連撤退に伴い軍閥による内戦で、かつて詩人に輝く千の太陽と謳われたカブールは破壊と荒廃に晒される。爆撃で家族を失った少女ライラはマリアムの夫の第二夫人となる。やがて夫も戦火で財産を失い、生活は苦しくなっていく。そしてタリバンの支配の時代が始まり、また終わる。
過酷で混乱した時代であったというだけでなく、従来の平和な時代から女性に対するの人権が無視されている社会が、我々の社会と並行して存在していることへの無常感がある。彼女たちにとって、結婚によって一人で外出することは許されなくなり、人前では顔も全身も覆わなくてはならない不自由さは、反面で妻として尊重されているしるしでもあった。共産主義者は女性にも教育の場を与えた。戦闘さえ無くなれば他のことは我慢ができる。そういった反面の相はまず一つの見方だが、また彼女たちを抑圧してきたものは、現代に至る以前の先進国社会でも存在して来たものでもある。数世紀をかけて解放されて来た女性の歴史を、彼女たちは2、30年ほどに時間に圧縮した早回しに、一つの生涯の中で経験しているということになる。アフガニスタンを描いた作品であると同時に、我々の文明の歴史を描いた物語でもあるのだ。

そんな環境の激変にもその都度順応していける彼女たち、実際にたしかにそうだったのだろう。差別、無関心、戦争、あるいは密出国の失敗などで、幾度もの危機に会って、それらをしたたかに切り抜ける。一方で男達は、イデオロギーや信仰、愛国心、憎悪、誇りといったものを守ろうとして、武器を取るまでいかなくとも精神的には戦いに挑み、その挙句に死んで行くように見えてしまう。むしろそれは敵というよりは、時代の流れに立ち向かっているだけではないだろうか。
そうして男達が得体のしれない何ものかのために、逆らい得ない大きな動きの礎となっている間に、女達は生活のため、なにより子供のためにひたすら生き延びる。たぶんそれが世界共通の歴史の実態であるのだと、縮図でもあり、また今この同時代に起きてもいることの一つの典型として、この国の激動が教えてくれているのではなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

戦火と暴力の中で生きる女性たち

2015/05/06 13:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

読み進めるのがつらく、胸を揺さぶられました。共産党政権、ソ連軍の撤退、内戦、タリバン支配。激動のアフガニスタンで人生を翻弄される人々の物語です。

富豪の庶子として生まれ、望まぬ結婚を強いられるマリアム。教養高い両親の元に生まれ、戦争の影に怯えながらも平穏に暮らしていたが、両親の死により人生が一変してしまうライラ。二人の女主人公を軸に、物語は展開していきます。

小説冒頭の献辞「アフガニスタンのすべての女性に捧げる」が、読後、心に沁み通ります。平和の尊さと幸福の意味を訴える小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/21 18:16

投稿元:ブクログ

アフガニスタン人筆者によるアフガニスタン女性二人の話。因習、歴史、文化、戦争、政治、色んなことが絡み合って動いていくアフガニスタンで、「実際に」生活を送る人の様子にすごく臨場感があった。少しアフガニスタンが自分の中で近くなったと思った小説だった。こんな人たちが暮らしてて、その人たちがこんな風に苦しんで、こんな風に翻弄されているんだ、と。

2014/08/06 20:20

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

早い川書房のPR
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/310079.html
(単行本)
http://www.hayakawa-online.co.jp/product/books/125411.html

2016/12/09 23:07

投稿元:ブクログ

現代のアフガニスタンの情勢や女性が置かれた立場を書く作家という点で希少なので読んでよかったが、サービス旺盛にドラマを盛りすぎて、メロドラマ化や無理筋が気になる。ひと昔前の韓流ドラマのイメージというか。物語、小説として脇が甘いのが残念だ。

5 件中 1 件~ 5 件を表示