サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

【HB】人生を変えるきっかけの5冊(~8/21)

hontoレビュー

四人組がいた。

四人組がいた。 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.2

評価内訳

30 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

わかりやすいユーモアではないが、独特の味がある。

2015/09/15 14:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

高村薫初のユーモア小説ということだが、最初はそのユーモアがわからなくて戸惑った。ジジババ四人があれこれほらを吹いたり突飛なことをしたりするのだが、それがあまりストレートにおもしろいという感じではない。ユーモアといってもくせがあり、少し難解。くすりとするところはあっても、何だかけむに巻かれたようなよくわからない話も多い。
後半になり、ようやくこのジジババたちの周りでは〈四足〉も人間同様しゃべったりお店を出したりする同等の生き物たちで、更にいうならジジババ四人は不死の存在らしいという設定がわかってくる。そこまでファンタジックにした意味はよくわからないが、ほらというのは広げていけばどこまでも広がるのだということを見せつけるような、突き抜けたような作品といえるのかもしれない。正直、私にはよさがわかりきったとは言えないが…。それでも、さすがは高村薫、文章力などが卓抜しているので脱落しそうに感じながらも読み通すことはできた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/09/22 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/17 15:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/07/24 14:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/07/20 10:12

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/11/06 00:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/03 15:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/05/26 18:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/09 09:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/31 15:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/11 15:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/11 11:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/27 12:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/12/05 14:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/19 21:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

30 件中 1 件~ 15 件を表示