サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

京都に残った公家たち 華族の近代

京都に残った公家たち 華族の近代 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/11/06 08:26

投稿元:ブクログ

明治維新後に、岩倉具視・三条実美の2人の公家が東京への遷都に関して意見が分かれ、岩倉が消極、三条が積極というのは意外で興味深い。「京都を失っても構わない」とは三条の言葉。明治12年に華族に対して天皇から肖像写真の提出命令があり、それが今に残る。当時の公家の生活を彷彿とさせるが、そもそも写真を通して天皇が彼らを覚えようとしたのだと思うと現代にも通じて微笑ましい。武家よりも公家華族が貧しく従来通り質素な生活をしていた、とは皮肉であり、明治12年の久世家の盗難届の内容が残っており、金目のものがなく、泥棒にも当て外れだった!?とは淋しい笑い話。そんな中での閑院家・西園寺流の梅園家の女性・親子をめぐる不祥事はあまりにもドロドロし過ぎて壮絶としか言いようがない。明治から時代を重ね、京都華族の役割が貴族院議員のみとなり、それが今では文化伝統の保存に変化していったことは当然であり、それでこそ華族とされた方々の貴重な使命なのだと思う。

2014/11/23 23:46

投稿元:ブクログ

前近代を研究している者にとっては、ここに挙げられているスキャンダルは、本来スキャンダルではありません。
ところが、近代になって制度が変わり、西洋式の規範が
求められると、旧時代の人間はついていけません。
近代以降の視点で見ると、すごい話になります。
それに京都の華族は経済的に苦しい。
おもしろかったです。

2 件中 1 件~ 2 件を表示