サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

あかやあかしやあやかしの 5(ジーンシリーズ)

あかやあかしやあやかしの 5 みんなのレビュー

  • 七生, HaccaWorks (原作)
  • 税込価格:5765pt
  • 出版社:KADOKAWA
  • 発売日:2014/08/27
  • 発送可能日:1~3日

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/09/08 22:04

投稿元:ブクログ

どうでもよくもないかもなんですけど、アプリ版のブクログってレビューがネタバレかネタバレじゃないかって区別付かなくないですか…?自分が見落としてるだけ?
一応これもネタバレチェックしておきますけど。

今回は通常版で新刊購入。限定版湯呑みだったし…次もしっぽだから…通常でいいかなっと…。

もういい加減毎度のことですけど、私、基本的に次の巻の発売時には今までの記憶がなくなります(開き直り)。
というわけで「あぁ、食事ね。うん、食事のことね」って程度で読む訳です。由の食事は相手の魂ごと取り込むってのは、魂だけは由の中に残るってこと?なら悪食に喰われるより良いのじゃ?なんて思いつつも、まぁ喰われることに変わりはないから良くはないか。

ともあれ表紙も黒狐ですが、なかなか結構な割合で珍しく黒狐回というか、ゲームやって無いのでその辺りはあんまりよくわかんないんですけど「これが黒狐ルートってやつか!」みたいな。今までも大して誰ルートっぽく感じたことは無かったんですが、今回は俄然黒狐がぐいぐいきたので「お、おう…愛されてんな…惚れてまうやろ…」と。そんなこんなで黒狐の過去もちょっと出てきたり、葛藤が垣間見えたり、ほぼほぼ黒狐で終了。
そんな間に椿は食事の支度をされ、それを助けるべく秋良はアカシを招き入れ…つづく。本編138頁くらいで終わって早いのなんの。黒狐は今回でようやく葛藤が見えたので、ちょっと立ち位置がしっかりしたんですが、いかんせん他のキャラクターがふわふわしたまま進んでいくので、とりあえず金魚可愛いなってのか自分の中で一番です(え)。
やっぱりゲームやってればもっと入り込めるんだろうなぁ。ゲームはもっとちゃんとしっかりガッツリっぽいもんなぁ。まだ最後まで見てないので何とも言えませんが、このコミカライズはゲームありきのほうがより良いような気がします。キャラクターとか世界観とかは大好きなんだけどもなぁ。

2014/11/12 19:52

投稿元:ブクログ

正直私の頭では謎についていけなくなってきたんだけど、なんかやばそうな展開になってきたのは分かる。
黒狐もなんか抱えてたのね...ここらでログアウトしたりしないよね...??

2014/11/23 20:50

投稿元:ブクログ

自身の中に灯吾の恩人「ヨシキ」がいることを知り、彼を「食べた」という事実に衝撃を受ける由。
「食事」をするのか否か、揺れる由を前にして黒狐が抱く、密かな想いと決意とは――。
一方、秋良は嵯峨野から「神社の入り口の灯を消せ」と唆される。
灯吾とともに神社を訪ね、そこで彼が下した決断は!?
あやかしとヒト、それぞれの思惑が交錯する怒涛の第5巻!!

3 件中 1 件~ 3 件を表示