サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

紙の本

お疲れ様でした!

2014/11/24 22:33

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SHU - この投稿者のレビュー一覧を見る

4冊という短い(連載は長いw)作品でしたがとても面白かったです。

最初読んだときはルーシーの長さに驚愕していました(あと鈍さにもw)

4.5巻の方はなんだかギャグ性が強くなっていて思わず笑ってしまう話ばかりでした。

12月にWORKING!!も最終巻を刊行するそうなので、それを楽しみに待ちながら
何度も読み返したいと思います!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

最終巻

2015/03/20 15:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:作曲好き - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワーキングと共にサーバントサービスも最終巻です。最終巻らしくルーシーが今まで悩んでいた名前に関するコンプレックスに決着がつきます。長谷部さんとルーシーの恋愛の行方や一宮さんが塔子ちゃんに千早さんと付き合っている事実を言うかどうかなど最終巻らしくたっぷりと内容の詰まった一冊になっていました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

お役所コメディーは最終巻の最後の最後までじれったい・・・!

2015/03/18 16:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:もち子 - この投稿者のレビュー一覧を見る

昨年度の夏にTVアニメの放送がありました。アニメ、漫画どちらから入っても楽しめると思います。
今回は、いろいろな「告白」がみられる、ドキドキハラハラな巻になっています。長谷部のルーシーへの思いはいかに!?
いつもの明るくコメディーあふれる雰囲気とは打って変わって、ちょっとドキッとするシリアスなシーンがありますが、最後は和やかな感じで終わり、ほっこりしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/05/31 06:42

投稿元:ブクログ

アホの子とファンタジスタばかりで慢性ツッコミ不足の公務員漫画が完結でした。初めのうちは仕事場あるあるネタが多かったのに最終巻はほとんど仕事をしていなかったね、『WORKING!!』もその傾向があると言えばあるのだけれども。

2014/08/29 11:51

投稿元:ブクログ

とにかく登場人物皆が可愛くて、いちゃこらしていて、ほっこりする最終巻でした。
気になる長谷部とルーシーの関係や、一宮さんと千早さんととうこちゃんとの関係、とにかく読者である私達がやきもきしているカップルの問題が無事に収まって良かったです。
というか、最後の方はただのイチャイチャを見せつけられて、爆発しろこのやろう!みたいな感じで微笑ましかったです。
そして、最後の最後で田中(孫)が可愛くてかっこいいということがわかり、三好ちゃんもいつのまにかすんなり田中(孫)を受け入れていて…意外にもこの二人も関係が進展していて、ドキッとしました。

4巻という短い(連載年数的には長いと思いますが)巻で終わってしまいましたが、これからも皆がゆるーい感じで幸せになってくれたらいいなぁと思いました。

2014/09/10 06:16

投稿元:ブクログ

この方の作品はどの作品も、最後に全部まるっと綺麗にまとまってみんな幸せになる大団円。

長谷部とルーシーも、遠回りをいっぱい重ねて幸せになりました。一宮さんと千早ちゃんも、正直このカップルのカップルなのにすれ違いばっかりで常にどこかせつない感じが大好きだったんですが、最終巻にしてようやく上手くまとまって本当に良かったです。
おまけの4.5巻は本編の没話もあるということなので、オチが弱いなぁと思う話もありましたが、でもやっぱりファンからしたら嬉しいものです。
あと、こちらの巻の帯が本編にもあっていてとても素敵でした。
『今までも、これからも、名前を呼んでほしいから』
良い最終回でした。

2014/08/30 21:39

投稿元:ブクログ

大団円。最終回での正月明けのルーシーはさながら、主の元へ戻る為に、自分の中のの342万4867の生命を1つ以外全て殺したアーカードの如くでした。ありがとうございました。

2015/05/08 01:31

投稿元:ブクログ

なんとも絶妙な修羅場だなぁ。

最終巻ですので色々と決着が。ルーシーと長谷部はもちろんの事、一宮と千早、そして塔子の関係にも…。

それにしても一宮のダメ人間っぷりはホント笑えるなぁ。…何か自分みたいで!w …いや、縁皆無ですけどね?
とにかく自分から何もしてない、ってところがすっごい共感できる。これを客観で見るとホントにダメだなぁと…逆に笑えてくるわけで。
更に千早が絶妙にめんどくさくていいですねぇ。クールだけど内面色々期待しちゃってるあたりが可愛い。そして塔子は徹底してアホ可愛い。

そんなわけで、ルーシーも大変なんだけど、微妙に一宮・千早組の修羅場っぷりが面白くて割を食ってる感。
長谷部のカラ元気とか楽しいんですけどねぇ…惜しい。

あと三好さんの毒舌がすっごい気持ちいいですね、うんw


割とあっさり終わってしまったような気もしますが、楽しめました。良作です。

8 件中 1 件~ 8 件を表示