サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/12/31 06:48

投稿元:ブクログ

糖尿病ではないけど、甘いもの大好きだし炭水化物たくさん食べてきたから、何度も血糖値上昇によるダメージは重ねてきたと思う。
血糖値上昇がきっかけで血管壁が傷付くのは聞いたことがあるけど、インスリンは全身の代謝を悪化させるというのは初めて知った。
ただ糖尿病の治療がメインのせいか、血糖値の上がらない人工甘味料は使ってもいいというのには少し疑問が残る。
ドクターオズの番組で、食道や胃などの消化管にも甘味を感じる受容体みたいのがあって、カロリーなかろうがそれらが甘味を感じた時点で、糖分を取ったのと同じ反応が体で起きると言ってたのがインパクトあったので。
精神病への適応については、他の糖質制限本でも統合失調症の例が紹介されてた。
その本では野菜も禁止の徹底した糖質制限が推奨されてて無理、と図書館にそっと返したが、統合失調症の幻覚・妄想に顕著な効き目があったこと、焼き肉のたれに含まれてた糖分でまた幻覚が再発したことなどが書かれてたから、糖の取りすぎが精神疾患に悪影響を及ぼす可能性はありそうだと感じた。

2014/11/23 09:52

投稿元:ブクログ

「五大疾病」(「がん」「脳卒中」「心臓病」「糖尿病」「精神疾患」)の増加は、重大な社会問題となっており早急な対策が必要です。 これら全てに対して有効な療法が「糖質制限食」です。
本書は、糖質過剰が生活習慣病を引き起こす理由、糖質制限食がそれらを予防・改善するメカニズムをわかりやす解説した一冊です

 詳細なレビューはこちらです↓
http://maemuki-blog.com/?p=3820

2016/09/15 22:31

投稿元:ブクログ

糖質制限のメリットが章立てで凄く分かりやすく、読みやすかった。
糖質制限をすることによって、様々な病気が改善される可能性が高いことと共に、ダイエット効果、美容にどれだけの効果があるのかが書かれている。
そして最後には、糖質制限によって得られる社会的メリットが述べられ、デメリットの部分にはその解決法まで提示されていて、腑に落ちまくりの痛快な内容でした。


以下メモ。

・高血糖になると体内に活性酸素が発生し、細胞のDNAの傷害の原因になると考えられている。

・糖質制限食ではインスリンをあまり出さずにすむので人体の代謝が安定し、免疫系などの自然治癒力が高まる。

・糖尿病でインスリン注射をしている人は、糖尿病でインスリン注射をしていない人と比べると約4倍アルツハイマーに確率が上がる。
インスリン注射をしている人はインスリン注射をしていない人と比べるとガンになる確率も約2倍になる。

・運動しない人の消費カロリーで、
男性なら1850〜2250kcal。
女性なら1450〜1700kcal。

・夜の炭水化物が何故ダメかと言うと、寝る時には活動をしなくなり、炭水化物により上がった血糖値を下げられなくなるから。

・1日の糖質量130gまでがローカーボのギリギリの線で、糖質制限食の恩恵を受けられる一線。

3 件中 1 件~ 3 件を表示