サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2016/01/17 16:58

投稿元:ブクログ

アドラーの心理学本。何度もアドラー本を読んできたので、大きな変化はないが、会社の人間関係を中心に書かれているため、同じことで悩みを持つ人は読んでみると良いかもしれません。

参考になったのは、

・自分が変わる勇気を持つ
→相手を信頼する、捉え方を変えるなど、自分が変わることが基本。プライドなどを捨て、勇気を持って自分を変えて周囲にも良い影響を与える。

・理不尽には正論ではなく信頼で対応する
→理不尽なことに対して正論で反撃しても、相手が受け入れてくれるとは限らない。相手を信頼した上で、差別されているのではないか、そしてその原因を聞き、解決することが望ましい。

2014/10/11 17:34

投稿元:ブクログ

『嫌われる勇気』を読んだので、他のアドラー心理学も読もうと思って買った本。

ストーリーではなく、具体的な一つ一つの場面に応じて、考え方が書かれてあった。
家族も友人も上司も同僚も、すべては今の自分が作り出していると感じた。自分次第。
まだ「目的論」はとても新鮮に感じる。

2014/10/12 21:33

投稿元:ブクログ

アドラー心理学に基づく、人生の指南書。自分自身、部下、上司、同僚、プライベートと、対人関係の悩みに対応する方法を教えてくれる。アドラー心理学そのものの解説はないので、アドラー心理学を全く知らない人にとっては中身が唐突に感じられるかも知れない。他人との関係は上下ではなく横の関係。他人と自分の課題は分離する。他人の課題に踏み込まず、自分の課題は自分で解くしかないことは、心がけようと思った。

3 件中 1 件~ 3 件を表示