サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

合衆国本土血戦 1 連合艦隊、快進撃!

合衆国本土血戦 1 連合艦隊、快進撃! みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/08/19 22:29

投稿元:ブクログ

 面白いシリーズが始まった。ちょっとした小ネタも小気味よいが、設定が面白い。架空戦記は舞台設定として様々な改変がなされるが、本作は一味違った。米国の人事が陸軍と海軍がそっくり入れ替わっているのである。マッカーサー海軍大将にパットン海軍少将、ハルゼー陸軍中将にスプルーアンス陸軍少将といった風で、架空戦記おなじみのメンバーが全く違うポジションに居るのである。これとは別に、米西戦争でスペインが勝利、ナチスがフランス、イギリス本土を席巻し、カリブ海に日本の鎮守府が置かれていたりと大胆な設定がなされているが、この人事の前には霞んでしまう。そしてこの人事は今のところ大当たり。”お約束”が通用せず、先の読めない展開に一役買っている。

 展開としてはおおむね日本側が優位に事を進めているが、要所要所で後の致命傷となりそうなミスをしている。アメリカ側も自らの首を絞めかねない選択を繰り返している。最終的にナチスが漁夫の利を得て終わったとしても不思議ではないほどお互いに下手を打っている。どのような結末を迎えるのか楽しみなシリーズだ。

1 件中 1 件~ 1 件を表示