サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

国際機関で見た「世界のエリート」の正体(中公新書ラクレ)

国際機関で見た「世界のエリート」の正体 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.4

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/09/01 12:28

投稿元:ブクログ

国際公務員の給与・年金等の待遇、ポスト獲得方法、多々みられる職員の意識・行動レベルの低さ、などリアルな内容がカバーされている。いずこもやはり・・・の部分はあれど、志のある有能な人々には国際機関に飛び込み、競り合いで勝ち進み、志を果たしてもらいたい。日本人エリートにはスピーチ下手が多く、なぜかそれが許されているのが不思議でしようがない。スピーチ力は、主張し共感を得る必要があるエリート達には必須の能力だろうのに。

2017/02/26 17:34

投稿元:ブクログ

驚くようなことではないが、知らないことがいろいろ書いてある。「まぁそうなんだろうな」という感じ。筆者はとにかく、国際機関にもっと日本人を増やしたいという気持ちが強いわけで、そのために様々な角度から国際機関の仕事と人事について、できるだけ率直に実状を語ろうとしている。個人的な感想としては、こういう仕事は必要だし、それに多くの日本人が関わっていくことは必要なのだろうけれど、あまりやりたくなるような仕事ではないな、というか、あまり足を踏み入れたくない世界だな、と思った。こういう世界がおもしろいと思える人には、よい本だと思う。

2014/08/04 15:44

投稿元:ブクログ

このような職業が存在するということ自体,小中学生時分に知りえない.Globalに働くための10ヶ条は我々研究者にも当て嵌まる.常に,メタ認知をしてみることが大事である.

2015/04/03 19:10

投稿元:ブクログ

筆者の視点で描かれた国際機関でのキャリアアップの仕方。キャリア本というとインタビュー記事をまとめた形式が多いが、本書は日経新聞でいう「私の履歴書」に近いテイストであり、主観に基づく展開がなされている。
主観的といえど筆者の国際機関におけるキャリアは相当なものであり、参考になった。

4 件中 1 件~ 4 件を表示