サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

洗脳 地獄の12年からの生還

洗脳 地獄の12年からの生還 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー26件

みんなの評価4.3

評価内訳

26 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

引き込まれた。

2015/10/10 21:38

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たまがわ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白かった、と言えば不謹慎か。引き込まれて一気に読んだ。

中でも、洗脳されている最中のToshiと、hideやYOSHIKIらとのちょっとした人間的なやりとりが、なぜか印象に残った。
また、Toshiが団体から脱出しようとする過程での、Toshiを支えようとする人たちの暖かい協力の数々に、感動した。

「あとがきにかえて」で紀藤弁護士が書いているが、Toshiの場合もそうだったのだが、
「カルトの加害者と被害者が出会っても、そのとき被害者になる人が悩みを抱えていて精神的に不安定な状況でなければ、
深入りする危険性はほとんどなかったと言えると思います。」というように、
そのような時にたまたま、カルト側が悪意を持って罠を仕掛けてくると危険なようだ。

Toshiの場合も、トラブルが続き、何を誰を信じればよいのかも分からなくなり孤独感に苛まれていたようなときに、
後に結婚する守谷から頻繁に手紙が届くようになり、内容も
「本当のあなた自身のことを想っている・・・」というようなものであったり、
久しぶりに再会すると大粒の涙をためながら
「いろいろ大変でしたね。がんばった体さんと心さんをぎゅっと抱きしめてあげてくださいね。よくがんばったねって・・・・・・」と
慰めてくれたり、五七五の俳句調のメッセージを書いた一〇〇枚を超える短冊をプレゼントされ、しかもその中の一首が
「死ぬときは 手と手をつなぎ 逝きましょう」というものであったりと、ここまでされれば、ハマってしまうだろう。

臨場感があって読みやすく、内容も良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/02/15 18:58

投稿元:ブクログ

内容は金スマとほぼ同じ。向こう側の言い分を聞いてみないと…とは思う。けど、とりあえず吐き気がするほどひどい。

2014/08/14 21:22

投稿元:ブクログ

X-JAPAN のTOSHI の12年間の洗脳を振り返ったいわゆる暴露本ですね、ハイ。
しかしこーゆー洗脳って他人事じゃないんだよな…自分の身にも降りかかってくる可能性があるわけで。
対処方法は良くわからないけど、この本を見てこーゆー世界もあるんだなとしみじみ感じてしまった次第。

2014/09/02 18:22

投稿元:ブクログ

【新】

金スマ→この本で
好きになったわw

マジメで優しい人なんだなぁ

コンプレックスが多いらしいけど
問題になるレベルのコンプレックスなのか??
こういうのは本人の気持ちの問題なんだろうけど

こんなに女に虐待されて女性不信にならなきゃいいけど
ホモになってしまうんじゃないかと・・

お父様って何者だよ!!





Xは昔はあんま好きじゃなかったけど
再結成後のHEROが好き。
でもCDが出てないのね・・・


追記
YOSHIKIの場合
とある女性に自分の絵をプレゼントされて交際する
Toshlの場合
とある女性に短歌をプレゼントされて交際する

( ..)φメモメモ
男ってチョロいのね。。。。。。。。。。。。。

2014/08/31 23:11

投稿元:ブクログ

ワタシが一番驚いたのはX Japan再結成の裏舞台。「X Japan」というブランドに集る外の力によって、再結成に至ったのか。ショービジネスの世界だからあるであろう話しではあるが、メンバーの想いはどうだったんだろう。Toshiさんが「逃亡」するまでの間に行ったライブに行くのに出した自分のお金の一部が、結果的には、そういった方々の手に渡っていたのかと思うと悔しくてならない気持ちだ。
この件以外のことを含めて、今、ようやくバンドを取り巻くいろいろな事がリセットできたように思う。やっとここがスタートラインに立ったように思う。Xのファンは、メンバーと一緒に、夢を見て、走っている。さあ、ここからだ。世界を舞台に活躍する姿を見たい。

2016/03/26 19:08

投稿元:ブクログ

よくここまで鮮明に覚えていたなと思う。洗脳、マインドコントロールがどれほど恐ろしいものなかがわかる本。人がどのように洗脳されるのか、そしてどうすれば洗脳されないのか、はたまた洗脳した場合の脱出はどうすればいいのか、考えるきっかけになる。オススメです。

2014/07/25 23:38

投稿元:ブクログ

読み進めることが辛い、と云うのが一番しっくりくるかな。
私にとって一時期ドツボな時があり、死ぬしか無いのかな…と思っていたらX JAPANの曲で正に癒やされた経験があるので、神とかなんか超えていたりしたので、ToshI の啓蒙セミナーはまってからの一連の事件では、本当に彼を怨んだこともあるし、元嫁(そもそもの元凶)ぶっ殺す!とも思っていましたし。

個人事務所を任せていた長兄が横領してたり、実家のお母さんがファンからお金取ってたり、次に社長任せた人物にまた横領されたり…。
人間不信になっていたところに、甘い言葉で近づく元嫁…。
弱ってるからこそ、はまって行く、と言うあとがきの紀藤弁護士の言葉通りにドンドンどつぼにはまるToshI 。
目がいっちゃって、薄笑い浮かべてるのテレビ番組で見たとき、終わった…と彼の存在を無理やり自分から抹殺したよ。
正直統一教会よりもオウム信者に近い感じがして。
なので、突然のX JAPAN再結成も嬉しいけど、手放しで喜べなかったし。
きっとこの本に書かれている暴力、叱責、搾取などはほんの一部なんだと思うし、決別することにしてからの紆余曲折もほんの一部だと思います。まだ裁判中で、話せないこともあるでしょう。
ただ、
「人はどんな時でもやりなおせる」
僕はそう信じている
と最後に書いた(書けた?)気持ちの強さは伝わってきました。

この本はX JAPANボーカリストToshI の黒歴史でもあるとともに、マインドコントロールされた方やその家族への何かの助け?になればいいと思います。

ToshI 、おかえりなさい!!

2014/08/03 21:50

投稿元:ブクログ

気持ちに余裕が無いときは読まない方がいい。
洗脳されたと思われる過程で語られる罵倒の数々に、神経がすり減ります…。

偏った情報の怖さ、過去の出来事に他者から加えられる少しのニュアンスが記憶になる怖さ。そういうものを感じます。

2016/03/15 09:42

投稿元:ブクログ

Toshlはどうして洗脳されちゃったんだろうと思いつつも、なんか読みたくなかったこの本。でも、Toshlの言葉でつづられているんだからと読んでみた。

想像以上の内容。Toshlがこんなひどい扱い、仕打ち、暴力をふるわれていたなんて全然知らなかった。Toshlがあっち側に行ってしまって、それでもあっちで幸せならといちファンとしてはそれがToshlが望むならという気持ちもないわけではなかったけど、こんな仕打ちを受けて、つらい思いをしていたなんて本当に悔しい。でも、あのときも色々な動きがあったと記憶しているけど、あのときはToshlにはその思いが届かなかったんだよね。でも、大事なことは時間はかかってしまったけど、Toshlが自分で気づいて、自分の足で逃げ出して、自らの意志で決別したということ。

最近、Xの曲を聞いていて、やっぱりYOSHIKIの曲はToshlしか歌えないって思った。つまり、どんなにYOSHIKIが美しい曲を作っても、Toshlが歌わないと成り立たないってこと。やっぱり、2人で1人というか、離れられないんだよ、二人は。YOSHIKIは完璧主義だから、Toshlはつらいことも多いかと思う。でも、あんまり自分を追い詰めないで、ある意味適当にやってほしいと思う。おかえりなさい、Toshl。

2015/01/31 19:56

投稿元:ブクログ

すさまじい生活ぶりが赤裸々に語られている。よくぞ戻ってこれた。以前近所のスーパーにToshiが来たことがある。駐車場にビールケースを2個おいて、ギターの弾き語り。徴収は4~5人。オーラも何も感じられず、普通のおっさんだった。

2014/08/01 09:02

投稿元:ブクログ

X JAPANの人生は、世界的なアーティストになった成功と引き換えに、苦悩に満ちている。YOSHIKI,HIDE,TOSHI,TAIJIの本を読むとそう思う。ただ、X JAPANの音楽は、今も色褪せず、聞くたびに鳥肌が立つ。

2016/08/19 04:29

投稿元:ブクログ

ダウンタウンなうで少し洗脳のことについて
触れていて、気になったので購入。

思っていたよりもされていたことが残酷で
読んでいるだけで、怖かったし気分が悪くなった。

この宗教にハマるきっかけは
そもそもが家族間のお金にまつわるトラブルで
そこでも裏切りを受けていたのに

そこから救われるどころか
もっとひどい集団にも
TOSHIさんは利用されてズタボロにされた。
結婚から仕組まれていた可能性が高いなんて、相当なショックだったと思う。

才能があってお金を稼げる人に寄って来るのは
危険な人ばかりなんだと思った。

本当に信用できる人と
付き合っていかなくてはいけないと思った。

2015/07/12 21:14

投稿元:ブクログ

文字通り、Toshlが洗脳騒動で苦しめられた12年間を綴った一冊。

HOHというカルト組織に洗脳されて、身も心も拉致されて自由がない中、ひたすら組織のために働かされた記述には本当に心が痛んだ。

2016/02/07 18:26

投稿元:ブクログ

Toshlがどのように洗脳され、どんな仕打ちを受けていたかを赤裸々に語った本。
読んでいて、洗脳をしている側は本当に鬼畜だなと思う一方で、こういう人たちに付け込まれないよう常に気を確かに保っていないといかんなと改めて思った。
振り返ってみれば、自分にもこういうセミナーの誘いをしてきた人が過去にいたな、、恐ろしい。

2014/10/10 04:59

投稿元:ブクログ

「『ウォ~!!この野郎!死ね!死ね!死ね~!』僕は狂ったように泣き叫び怒りを吐き出した。心身虚脱とはまさにあのことだろう。記憶は歪められ、憎悪が刷り込まれていく。僕の心は次第に変貌していくことになる」

26 件中 1 件~ 15 件を表示