サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー22件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (8件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
22 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

わかりやすい

2016/06/10 15:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わんこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わかりくいが知らないとニュースがますます、わからないくなる。
へーと、思いながら、楽しく学べる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

イスラムの世界

2016/05/24 20:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マロちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

そうだったのか、イスラムの世界

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/07/12 15:21

投稿元:ブクログ

何度本を読んでもなかなか覚えられず、いまひとつ理解が進まない中東世界。
図解版で池上さんならなんとかなる?と思って借りてみた。
わかりやすい。わかりやすいけど、大きな図表で全体の関係性が一目瞭然になってるような何かが欲しい…。
読みながら、あ、これさっき出てきたやつだけど、なんだっけ??ってな具合で…。
うーん、うーん、前途多難。
繰り返し勉強してくしかない。

わかったことは、宗教、民族、政治などを含めたいろいろな利害関係(このあたり、自分がもっとも理解できてない要素…汗)が、様々な国や組織の間で浮沈してややこしい相関関係になっているのがわかりにくさの原因らしいということと、カタールがかなり珍しい民主的国家であるということくらい。
頑張れ、自分。

2014/10/29 21:58

投稿元:ブクログ

イスラムについて、わかりやすく解説している。さすがは池上さん。何も知らないことが良くわかった。

【目からウロコ、無知の知】
・イスラム教徒は、世界に15億人(全人口の1/4)
・最大のイスラム国は、実はインドネシア。パキスタン、インド、バングラディッシュと続く。
・ユダヤ教も、キリスト教も、イスラム教も信仰している神は同じ。ムハマンドは預言者。
・イスラム教の宗派。スンニ派約85%。シーア派約15%。
・スンニ派主流(サウジアラビアほか)、シーア派主流(イラン)
・中東の国はアラブ人の国でスンニ派主流。イランはシーア派で、ペルシャ人の国で他の国とは異なる。
・貧困と無知が過激なテロを生み出す。対立している歴史、原因などを、ちゃん理解して悲しみの連鎖を断ち切らないと。

2015/11/27 00:05

投稿元:ブクログ

ISISによるパリのテロのニュースに衝撃を受け、中東で、イスラム国で何が起こっているのかを理解したくて手に取った。さすが池上さんと言いたい完結でわかりやすい説明。宗教的背景、民族的背景、アメリカ同時多発テロ以降に起こったことなど、非常によく理解できた。
導入にはとても良い本。このあと、もう何冊かイスラム国関連を読んでみたい。

2015/04/15 20:16

投稿元:ブクログ

わかりやすかった。イスラムを学ぼうと思い最初に手にとって良かった。最後にもう一度読んで体系化させよう。

2015/03/11 23:10

投稿元:ブクログ

「イスラム国」による後藤さん殺害事件をきっかけに。そもそものイスラム教の内容から、アラブの春以降の中東の動きまでわかりやすく解説している。

2015/01/29 13:01

投稿元:ブクログ

今世界で話題となっているイスラム国の問題。彼らが信仰する神とは一体なんだろう。なにがどうしてイスラム国ができたのだろう。そんな疑問を抱きながら、本屋さんをぶらぶらしているところで本書と出会いました。
さすがはテレビでも活躍させれている池上彰さん。説明がとても分かりやすく、大切な出来事がぎゅっと凝縮されており、中東問題に対して無知なわたしでも頁をめくるたび知識が一つ一つと増えていき、それが面白くあっという間に読み終わってしまいました。

まずどの宗教も神は同じという項目を読み驚くことから始まりました。神が違うからこそ、教えが違い人々の間で戦争が起こっているのだとばかり思っていました。
わたしには信仰する宗教もないので、始まりの神が同じならみんな仲良くできないのかなと呑気なことを考えてしまいます。ですが、信仰する宗教の教えが絶対であるからこそ、神が同じであってもその教えが違うのであれば別物と捉えるが故、戦争が起こってしまうのですね。宗教は人々を救うものにもなりますが、恐ろしい武器にもなってしまいます。違うものを受け入れるのは難しいものですね。
今の人々の行動を見て、神は天国へと導くのか、地獄へと導くのか。

2015/02/12 20:42

投稿元:ブクログ

 かなり分かりやすくまとまっていると思う。特に最初の方のイスラム教の考え方については分かりやすかった。同じイスラム圏であっても180度違う態度をとっている国があるもの興味深い。中東の混乱に関しては、民族対立と宗派の対立が複雑に絡み合っているので非常に理解し難く、正直なところわかったとはいえない。単純にこれまであまり触れてこなかった話題という事もあるが、やはり文化や考え方を知らないという事が大きいと思う。何よりイスラム教について何も知らないのではイスラム世界を理解することは難しい。

2015/09/24 23:17

投稿元:ブクログ

昨年からのISISの一連の報道により、イスラム世界へ注目が集まっている。今までもエジプトやモロッコを個人旅行したい際に、イスラム各国の関係や歴史をまとめておきたいと思っていたが、そのままになってしまっていた。
今回、kindleにダウンロードしていたこの本を初めて通読した。
池上さんの素晴らしいところは、たくさんの情報を咀嚼して、文面だけでなく実際に現地に赴いて検証し、それをわかりやすい言葉で伝えられるところにある。
バックグランドにバイアスをあまり感じさせないその報道に、個人的には好感を覚える。

第1章 イスラム教とはなにか
第2章 現在につながる中東の対立
第3章 イスラムと世界の対立
第4章 現代イスラムが抱える問題
第5章 イスラム世界とつきあう

上記5章から成る。
ユダヤ教とキリスト教、イスラム教の信仰する神は同じというイントロにまず驚いた。
ユダヤ教の聖典は『法律の書』。これをキリスト教徒は旧約聖書と呼ぶ。
神はユダヤ人の指導者として「モーセ」を選び、約束の地「カナン」へ戻るよう命じた。など。
ユダヤ人はエジプト人の奴隷であり、一時はエルサレムのある土地に王国を作り、ダビデ王やソロモン王のもとで栄えるも、その後ふたたびバビロンに連れて行かれ奴隷になった。
このような民族的な苦難のなかから生まれたのがユダヤ教。
神は「ユダヤ人だけを救ってくれる」という選別思考があり、苦難に耐えていると、この世の終わりにメシア(救世主)が現れ、ユダヤ人だけが救われるという宗教。
イエス・キリストはユダヤ教徒だったが、「ユダヤ人しか救われない」というユダヤ教を批判し、改革運動を始めた。
イエスは「すべての人間はみんな平等で、神を信じる者は誰でも救われる」と説く。「キリスト」とは、メシアのギリシャ語訳。結果的にイエスは捕えられ、ゴルゴダの丘で十字架にはりつけになり処刑されてしまう。
イエスの死後に、その教えを弟子たちが広めたものが新約聖書。
ユダヤ教もキリスト教も、人間は死んだ後も身は滅びることなく地中で眠り続け、「世界の終わりの日」がやってくると眠りからさめ、一人一人が神の前に立たされ、天国か地獄か裁判にかけられる(最後の審判)。したがって、「火葬」はありえない。
イスラム教のアッラーとは「神」のこと。
アッラーはムハンマドという人間を選び、神のことばを教えた。神様が最後に選んだのがムハンマドというアラブ人だったというわけ。イスラム教徒にとって『旧約聖書』も『新約聖書』も一応、聖典ではあるものの、『コーラン』が最も重要なものと位置付けられている。
イスラム教にとってユダヤ教は「親」、キリスト教は「兄」だと。

なるほど。わかりやすい。この3つの宗教の生い立ちがみえてくる。

2015/06/09 18:12

投稿元:ブクログ

帯文:”イスラムがわかればこれからの世界が見えてくる!” ”「イスラム」世界には世界の大問題を解くカギがある!”

目次:はじめに、イントロダクション、第1章 イスラム教とは何か? 第2章 現在につながる中東の対立、第3章 イスラムと世界の対立、第4章 現代イスラムが抱える問題、第5章 イスラム世界とつきあう

2014/11/01 21:41

投稿元:ブクログ

イスラム世界について池上彰がいつもように詳しく書いた本。今までの著作でもイスラム世界について書かれていたもののシーア派国家とスンニ派国家はどこなのかまた、今現在どのような政争を起こしているのかいまいち分かりにくいところがあったが、この本で理解できた。今現在国際問題と化しているスンニ派のイスラム国。彼らが活発になっている今隣国のシーア派のイランがどのように動くかが個人的には気になることではある。

2015/01/25 22:50

投稿元:ブクログ

文章だけでなく地図やイラストで説明されることで、かなり頭に入ってきやすかった。たくさんあってよくわからなかったイスラム過激派組織の、それぞれの成り立ちや特徴がなんとなくつかめたので、今後ニュースを見たときの理解度がかなり変わると思う。一家に一冊この本置いていいと思う。あと、歴史の説明にからめて、その出来事をテーマにした映画の紹介をたまにしてくれるのが良かった。あと、イラストが無駄にかわいい。

2015/03/10 23:32

投稿元:ブクログ

読了。完全に教科書なので、体系的に頭の中を整理出来る。イスラム教徒は世界に15億人いると言われているけど知らない事だらけ。受験勉強のテンションで読めて面白かった。

2014/07/09 15:26

投稿元:ブクログ

イスラームも、ハラルマーケットで金儲けの餌食に、、、

KADOKAWA/角川マガジンズのPR
http://www.kadokawa.co.jp/product/301312000816/

22 件中 1 件~ 15 件を表示