サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

世界はなぜ月をめざすのか 月面に立つための知識と戦略(ブルー・バックス)

世界はなぜ月をめざすのか 月面に立つための知識と戦略 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2016/04/16 23:40

投稿元:ブクログ

2014年の本。月探査のこれまでとこれからを理解するうえで大切な事柄が分かりやすく書かれている本だと思います。

2015/02/22 17:43

投稿元:ブクログ

第2章の「今夜の月が違って見えるはなし」が良かった.盆のような月が衝効果によるものであるという件は特に面白かった.また、「かぐや」による数多くの成果もおぼろげには知っていたが、これだけ素晴らしいものだとは驚きだ.中国が着々と結果を出していることには、警戒が必要だろう.

2014/11/03 13:04

投稿元:ブクログ

世界が月を夢のフロンティアや資源の宝庫と思っている、というほどの感触はなくタイトルは煽りに近いが、月を開拓する意義や課題がわかりやすく書かれている。

特に意義については、筆者の個人的見解も強いだろうが、月を目指すための協調作業が外交上の安全保障策になること、そして月と火星を開発できれば人口問題・資源問題が解決されて人類平和につながるという考えは新鮮だった。

月について現時点で分かっていることが分かりやすくまとまっていて、それが内容の多くを占める。メジャーでないアイディアも含まれているようだが、主流でないこと自体をきちんと書いてる。

2015/02/10 02:21

投稿元:ブクログ

世間ではなかなか注目されていない月の研究についてJAXAの研究員でもある作者が現状や今後の展望を紹介している。月の探査衛星「かぐや」の実績紹介などは開発メンバーの作者が書くと手前味噌な感じもあるが普段のメディア報道ではしれないことが多くあり良本だと思う。ただ「詳細は後で」の部分が非常に多く内容の構成はもう少し考えてほしかった。

2015/09/06 19:33

投稿元:ブクログ

 かぐやプロジェクトに参加した科学者が、月の科学的な紹介とともに、日本が月探査を継続する必要性を熱く語る。かぐやの成果の部分はちょっとお手盛り感を感じた。月の地質学的価値に重点。

2015/12/25 13:09

投稿元:ブクログ

世界はなぜ月をめざすのか?日本は何をめざせばよいのか?「かぐや2」計画に携わる著者が示す「宇宙大航海時代」の針路!

6 件中 1 件~ 6 件を表示