サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

“美しい瞬間”を生きる

“美しい瞬間”を生きる みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
5 件中 1 件~ 5 件を表示

2015/04/18 21:37

投稿元:ブクログ

気になっていた本、ようやく読めた。これまで読んだインタビュー記事とか情熱大陸では紹介されていなかったことも盛りだくさんで、心に響く部分がいろいろあった。向田さんにとっての「美しい瞬間」って私にとっては何なんだろう?

2015/02/13 13:06

投稿元:ブクログ

読んだ。エッセイのような、詩集のような、写真集のような、不思議な本だった。

筆者はネパールで傷をかかえた女性たちのメイクアップのワークショップと、化粧品の販売をしている。

この不思議な本を読んでいると、「そうか、もっと好きなことをしてもいいのだな」と肩の荷が降りていくようだった。こういうメッセージを反芻して、自分の力に変えていきたい。

彼女がいう、好きなことやろう!という言葉の裏には、
ソーシャルスタートアップとして、事業を成し、女性起業家としての苦悩を経験したうえで、向田さん自身が自分に言い聞かせているのだろうとも思う。
大変なことも世の中あるけれど、
目の前の大切なひと、大好きなこと、日々の移ろいへの愛を忘れたらだめだよ、と。

信じて道をいこう。

2014/10/23 09:55

投稿元:ブクログ

このシリーズにしては、ほわほわした内容でした。
終始エッセイのような調子で、すごく感性的なひとなんやろうな、という人柄が伝わってくる。
すべてのひとに「美しい瞬間」を生きてほしいという願いが、すごくいいな、と思った。

2014/08/18 10:55

投稿元:ブクログ

勝手に応援している向田さんの著作。彼女の起業ストーリーであり、世界へ向けたメッセージであり、回想録であり、意思表示である。ネパールにて、人身売買の被害者である女性支援という、非常に難しいビジネスを行っている理由は「やりたかったから」。このシンプルさには驚いて、そして笑ってしまうほどだが、これほど明快で強固なものはない。巻末のリストを掲載しているのも彼女らしい。

2015/07/13 21:51

投稿元:ブクログ

進路に悩む学生の頃に出会いたかった作品。

もっと自由でいい。もっと可能性は広がっている。しかもみなに平等に。そう思わせてくれる作品だ。

やりたいことを見つけるきっかけから両親や先生の反応、実現に向けて動く中での原動力や葛藤などが描かれている。
人身売買などで苦しむネパールの女性たちに化粧を教えること、また化粧品を現地で開発・制作することで雇用を産み出すことを実現してきた過程について、彼女の切なくも熱い独特のことばで語られている。
感性で動いているであろう彼女の原点や力の源は、男性には伝わりにくい感覚なのかもしれないと思った。スタートアップのハウツーとして読むには、少し物足りないかもしれない。
しかし、こんな場面で触れてほしいとしてあげている彼女の好きな本や映画のリストは案外見ごたえあり。

5 件中 1 件~ 5 件を表示