サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

2017年:上半期ランキング(~7/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー6件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
6 件中 1 件~ 6 件を表示

2014/08/26 22:14

投稿元:ブクログ

ソーシャル関連ビジネスにも取り組む会社なので、こういうトピックにも反応。
実際は、社会貢献ビジネスの紹介が中心でした。
ビジネスとして成り立たせるポイントが分かりやすく紹介されていて、大変面白かったです。
期待値とはずれていたけど、新ビジネス検討には大きくプラスになりました。

2017/03/24 18:52

投稿元:ブクログ

CSV Creating Social Value
自分ごと、みんなごと、世の中ごと。
共創。
市場の創造、マーケティング、働き方、組織作り、チーム。
フロー状態。

2014/09/02 15:32

投稿元:ブクログ

困りごとはビジネスチャンス。

チームの結束が固い
チームが安定している
チームメンバーが支えあう関係
人を引き付ける方針がある
活動しやすい仕組みがある
明確なチームのグラウンドルールがある

2014/12/07 22:51

投稿元:ブクログ

コトラーはマーケティング4.0で自己実現の時代を語っています。CSRの延長線上のCSVではなく、マーケティングの進化形としてのCSVがもっともっと顕在化されていくことが大切なのだと思います。もともと「売り手良し」「買い手良し」「世間良し」三方良しのDNAを持っている日本企業にとってはチャンス?

2017/06/05 06:37

投稿元:ブクログ

CSV(creating shared value)の概念を、各企業の活動例も豊富に掲載することで(OnePanassonicもありました!)より分かり易く噛み砕いて解説したもの。

人間とは「人の間」と書く。人と人との間にある繋ぎ目に様々な困りごと≒ビジネスチャンスは眠る。この困りごとを、いかに「自分事化」し「能動的」に埋めにいけるか。その能動的な働きかけにより、様々な立場の人を巻き込み(みんなごとか)、活動を拡大発展させ社会へのインパクトをつける(世の中ごとか)。様々なステークホルダーとの「つながり・ネットワーク」を機能させ、共に価値を創造し、生み出された価値を「循環する仕組み」まで創ることが重要。といったお話。
フェリシモの会社公認の部活動から社員から主体性を引き出し、価値を生む取組がとくに印象深かったな。

・ヒトモノカネジョウホウ+ソーシャル。ソーシャルは5つめの経営資源と捉えるべし

・ソーシャルキャピタルはストックできない。良いフローの中で、周り、巡るもの。だからこそ循環の仕組み作りまでデザインが必用。

・人材が集まるだけでは進まない。そこに切羽詰まった課題がないと、人はそう簡単には動かない。

・今ある会社の姿は、過去に誰かが描いた集合体でしかない。未来は常に1人1人の心の中にある。未来はいつも自分たちがこうありたいということからはじまる。

・未来の会社に向けて、個々の社員が持っている「いいな」をかたちにするための役割を果たすのが部活。

・名刺の裏面を各自の活動を自由に記載できるようにする。

・がんばっている人が近くにいるいて、一緒にがんばろうと思うことを感染動機という。

・社員への浸透したか否かは、親から教えのように「心に染みている」状態になっているかと定義する。

・会社とは社員に「働く幸せ」を提供する場である。

・チームとは、異質な人間がある目標を実現するために熱意をもって助け合う組織であり、単なる人の集まりであるグループとは違う。

2015/11/29 17:23

投稿元:ブクログ

「宣伝会議」(2015年1月号)、「週刊ダイヤモンド」(2014年10月4日号)、「日経産業新聞」(2014年9月19日付)など各メディアで話題の本書。
キーワードである「ソーシャルインパクト」を企業戦略・経営資源として活用した実践事例(約20事例)を紹介した解説書です。

(ヤマトグループ「プロジェクトG」/武雄市図書館/アールプロジェクト/王子ネピア「nepia千のトイレプロジェクト」/
大垣共立銀行/「フェリシモ猫部」/資生堂「未来椿活動」/ヤフー社員食堂「BASE6」/日本マイクロソフト/ワクワーク・イングリッシュ ほか)
(675 マーケティング)

6 件中 1 件~ 6 件を表示