サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

hontoレビュー

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1(富士見L文庫)

ホラー作家・宇佐見右京の他力本願な日々 1 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2016/04/09 21:28

投稿元:ブクログ

タイトルそのままの本。ところどころBLっぽい(ありがとうございます!!!)。
軽いタッチだけど、特に主人公・宇佐見の弟である左京のかかえるものがどことなく暗かったり、人の顔が野菜に見える立野の存在が不気味で、いつ猟奇的な事件に発展するんだろう…とビクビクしてたらそうじゃなかった。良かった。
立野は同じ作者さんの別の作品の主人公のようですね。

人面犬・占い師へのストーカー事件・お化けが出る呪いのビルの秘密などが一つにつながり、最後までハラハラと進む感じ。
作家の宇佐見と編集の青鬼のMとSな会話がポンポン飛び交い、笑える。

あとがきに作者さん自身が書いていた『SというのはMに引き寄せられ、Mの存在を得て、Sの才能が開花する』という言葉は名言だと思います。
作中の青鬼と宇佐見の関係はこれかー! と腑に落ちました。

2016/08/29 22:44

投稿元:ブクログ

編集者とホラー作家が取材を通じて事件に巻き込まれる。ラノベのドタバタしたノリながらも面白く読んでたら終盤にホラー要素が強くなってちょっと引いた。

2015/03/22 14:42

投稿元:ブクログ

そんなにどSじゃないやろ!!?
むしろデレてるぞ青鬼さん……おいおい……

ややホモくさいと思ったらそういう小説書いてる方なんですね

2015/01/03 00:32

投稿元:ブクログ

ちょっと登場人物(主に主人公)の性格が好きになれず…。
立野さんもいまいち感情移入とかできないままラストになったのでなんだかなあという。
野菜を飼う話はちょっとおもしろそうな気もした。

4 件中 1 件~ 4 件を表示