サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

日本の戦争

2014/09/17 13:49

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どらえもん - この投稿者のレビュー一覧を見る

明治維新から日本は外国の脅威に曝されて、何時植民地にされるか危機感が蔓延していた。北はロシア、南はイギリス、フランス、オランダ等列強に囲まれていた。ロシアの南下を防ぐため、朝鮮半島はロシアの植民地にできない。清国を叩くべき日清戦争をやり、すぐさま、眠れる獅子の清国が弱いと知るなら、列強は、次々に植民地にしていった。利権をめぐりロシアと対立し日露戦争が起き、欧州で第一次世界大戦に参加。それでも、列強国は、東南アジアの小国日本が目障りだった。ドイツの委任統治国を委任するようになると、列強と接することにより、利害が対立し、大東亜戦争に発展。今までの戦争の経緯がよく書かれている。ほどんとが、戦争が起きて、結果、こうなった。しかでていない。それも、日本人が悪いことをしたと、連合軍の裁判そのものを引用して書かれているし、教科書もそうなっている。日本人が真実を知らないで、戦勝国の史観をそのまま鵜呑みにしていることが、大きな過ちである。それが、戦後70近くになっても、改めようとしないのが、日本である。ドイツは、いち早く戦勝国の史観を捨て、独自の生き方を模索、成功して、他国に言われることない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/10 06:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/17 04:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/05 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示