サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

哀愁の町に霧が降るのだ 上(小学館文庫)

哀愁の町に霧が降るのだ 上 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2014/11/28 13:55

投稿元:ブクログ

かつて、18,9歳辺りの頃に椎名誠ブームが自分に訪れ、大量に読み漁った中の一冊。

中学高校からサラリーマンを経て、専業作家になった今の時点までを行きつ戻りつ一人語り的に書いている。

根本的にこの方には憧れている。
何となく悶々とイライラしていて、何かやりきれない気分のような、でもどっかで諦めているような遣る瀬無さを文章の端々に感じるが、個性豊かな仲間たちに囲まれ、山や川や海外やに飛び回り、色々あるけどあったけど家族がそれぞれに絆を保ち繋がって。

何より、仲間と好きなコトがあれば人生やってける!と思われる。
この二つが無いから起きてる問題が多い気がするっ。

個人的に物事を難しくややこしく考えてしまうタイプなもので、椎名誠の特に青春群像モノを読むと、どことなく人生に安心する。

2015/08/24 14:46

投稿元:ブクログ

こんなエネルギーに溢れる私小説を読んだことがない。生きる力を目の当たりにすると、なんだが元気になる。レベルの違いはあれど、人生にこんな時期ってあったなぁ。などと、オジサンは懐かしく思った。

2016/04/07 23:05

投稿元:ブクログ

だいぶ前に読んだからあんまり覚えてないけど、椎名誠の文章好きだなぁと思った記憶はある。昔家にあるものをパラパラ読んでた頃が懐かしい。

2016/11/06 12:39

投稿元:ブクログ

若かりし椎名さんの共同生活時代。
吐くなら飲むな、飲むなら吐くな
男は黙って…的な作品。全然黙ってないけど

4 件中 1 件~ 4 件を表示