サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

緑の光線

緑の光線 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/10/16 07:49

投稿元:ブクログ

SF作品だと思っていたら、恋愛もの。意外でした。こういう作品も書いていたのですね。でも流石は天才ジュール・ヴェルヌ。「海の波動におよぼす魚の尾ひれの影響はいかに?...」は、もうカオス理論でしょ。舞台がフランスじゃなくてスコットランドなのも驚いた。荒れ狂う海や、石柱、さまざまな海鳥などの描写は本当に良く現地を取材したのだなと関心させられた。2編目のメキシコを舞台とした作品は24歳のときのものと知り、さらにびっくり。当時情報が限られていた時代にこれだけの取材をしたのだから、やはり大したものです。

2016/12/23 00:29

投稿元:ブクログ

ヴェルヌにしては珍しい(?)恋愛物。
恋愛物としては平凡ですが、脇役の、学者先生の描写が光る。
この学者先生、理系男子あるあるな人。
物知りなところを見せているのかもしれないけど、小難しい話ばっかりで全然おもしろくない。女の人はそういうトークには興味がないってことがわからないという男の人は現代にもいる。間の悪い登場の仕方といい、モテない男の典型として、100年たっても変わらない、普遍性があるということに感心してしまいました。
同時収録は『メキシコの悲劇』。簡単に言うと復讐物。ヴェルヌっぽい冒険的なワクワク感はないに等しく、コメディテイストもなし。まだヴェルヌらしさを発揮する前の、若い頃の作品ってことで習作だと思えば悪くない。他の作品に比べると見劣りするのは否定できない。

2 件中 1 件~ 2 件を表示