サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

グラウンドの空(角川文庫)

グラウンドの空 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
18 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

「グラウンドの詩」の前の話

2015/08/10 02:22

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:SeasideParadise - この投稿者のレビュー一覧を見る

続編の「グラウンドの詩」を読んだ時、前段の話があるみたいなのにまったく記憶にないと思って、この本の存在を確認し、ちょうど読み終わった帰りに本屋で買った。で、登録しようとしたら2年前に読んでいた(爆)
実際に読んでみると、確かに記憶が(爆爆)
でも悔しいからもう1度読みました(^^; いろんなことあるけど、やっぱり野球やりたいんだよ!という素直な少年たち。続編も読み終わったけれど、その続きも読みたいぞ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2013/08/25 07:10

投稿元:ブクログ

いわゆる野球の試合シーンが描かれた完全なる野球物語、というわけではなく、野球を通して人と出会いそして周りの友情を深めていく、そんな少年たちの青春物語。

「諦めるのが癖になる。あっさり諦めた方が楽やからな。楽なことって癖になりやすいで。何でもかんでも、しょうがねーって諦めるのくせになったら、やばいかもって思うて…」

過去のことなんか、どうでもいいんだ。過去ではない。ここから始まる今日が、明日が、明後日こそが自分たちのものだ。これから創りあげていく。

この二つの言葉がかなり印象的で、その部分だけ何度も何度も読み返してしまった。物語自体は大人だけでなく少年少女、幅広い層の読者に読んでもらいやすいわかりやすい物語だし、内容も面白かった。

2015/07/20 23:24

投稿元:ブクログ

続編の「グラウンドの詩」を読んだ時、前段の話があるみたいなのにまったく記憶にないと思って、この本の存在を確認し、ちょうど読み終わった帰りに本屋で買った。で、登録しようとしたら2年前に読んでいた(爆)
実際に読んでみると、確かに記憶が(爆爆)
でも悔しいからもう1度読みました(^^; いろんなことあるけど、やっぱり野球やりたいんだよ!という素直な少年たち。続編も読み終わったけれど、その続きも読みたいぞ。

2013/11/08 21:47

投稿元:ブクログ

瑞希も透哉もうだうだしててじれったい!!!
http://feelingbooks.blog56.fc2.com/blog-entry-1008.html

2014/08/10 10:25

投稿元:ブクログ

あさのあつこさんの野球ものの物語を2つ続けて読んだけれど、『敗者たちの季節』のほうが面白かったかな。野球で傷つき、野球を遠ざけたけれど、それでもやっぱり野球が好きな少年が、もう一度、野球に向き合うことを決意するまでのストーリー。ここでおしまいなの?と正直、物足りなさも感じてしまったけれど、試合に向けての練習や試合だけが野球ではないという当たり前のことをテーマにしたと考えれば、なるほどなとも思う。

2014/07/12 20:28

投稿元:ブクログ

あさのあつこWORLDでした。

野球の話なんだけど、
野球はスパイス程度って感じだったかな。
ひとりひとりのキャラがよくて楽しく読めました。

2013/11/19 00:03

投稿元:ブクログ

「俺が、捕るから。」
かっこよすぎるでしょ。
若干、バッテリーとかぶる部分もあったけど、まず、ピッチャーのキャラクターが全然違う。
あと、グラウンドの空は、全く試合の場面が無くて、少年たちの野球との心の葛藤が中心。個人的にはもう少し試合の場面が欲しい。あと、透哉が野球部に入ってから試合に挑むまで、野球部に入ったことで透哉がどういう風に変わったのか、母親とおばぁちゃんの関係とか気になる。
とにかくみんな野球に対して色々な想いがあって、でもみんな野球に対して真っ直ぐで…キャラクターがキラキラしてた。
私も物事にしっかりと向き合って、後悔しないように自分で行動しなきゃですね。

2014/10/18 14:32

投稿元:ブクログ

久々の更新。
そして、息抜きの一冊での小説。

あさのあつこさん小説は、ある意味僕が読書を始めるきっかけとなったもの。

小説って読みやすいし、あさのさんのモノは特に!!


『グラウウドの空』は、野球の話ってより、
そこに集う同級生の心の話。
読みにつれてその背景だとか、心境を想像したくなるはず!!

まずは手に取って、是非!!


読書の秋です♪

暇ならドクショ♫
ほんなら~(^^)/

2013/08/31 22:23

投稿元:ブクログ

山間部にある地方都市の中学校・野球部。3年生が抜け、エースがいなくなった野球部のキャッチャーを務める2年の山城瑞希、。小学5年の時に見た甲子園に魅せられ、将来は自分も甲子園に・・・と夢見ている。だが、2年になり部の中心として野球に打ち込もうと思っていても、肝心な代わりのピッチャーが居らず、幼なじみの田上良治と共にあきらめムード。だがそこに運命の出会いが・・・親元を離れ祖母と暮らすためにやってきた作楽透哉だ。二人が出会い、やっと運命が動き出す。

2014/04/25 11:04

投稿元:ブクログ

あさのあつこは野球ものが一番おもしろいと思う。この作品は野球のシーンよりも人物の心情描写が多かった気がするけど、面白かった。続編が楽しみ。

【再読】内容ほとんど忘れてた。改めて読み返すと、透哉が一度野球を捨てるまでの物語に心が痛んだ。そして透哉が瑞希に感謝を示すシーンは少し目が潤んだ。

2014/02/09 19:20

投稿元:ブクログ

もう1つの『バッテリー』かな。
ピッチャー透哉とキャッチャー瑞希がいい。
良治のキャラもナイス。
瑞希ママの明るさも素敵。

2016/07/24 01:33

投稿元:ブクログ

「バッテリー」の著者が描く、同じく中学生野球男子達の物語。心を閉ざした元ピッチャーの転校生と、ピッチャーが欲しい球児二人という、少年漫画でよくありそうな設定。そしてやはり、そのピッチャーの腕は確かなものである。祖母や母親がよく登場して関わって来るあたりが、少年漫画には無さそうな要素で、著者らしい点とも言える。出会ってからバッテリーを組むまでの話なので、野球の話というよりも少年達の「始まり」の話。人物達の心の変化を中心に描かれているので、小説の中でのスポーツの魅せ方や、息を呑むような試合展開などを期待すると肩透かしを食らうが、瑞々しい青春小説としては申し分無い。物語では終始、爽やかな青空や風や、独特のミットの音や香り、そういった五感を燻る鮮明な景色が広がっている。読むなら絶対に夏がお勧め。

2013/07/12 23:18

投稿元:ブクログ

単行本みて、文庫化を待ち望んでいたので発売してて嬉しかったです。2日くらいで読み終えました。

「バッテリー」では、ピッチャー目線中心で書かれていましたが、こちらはキャッチャー目線が多くかかれています。

あさのさんらしい心の強い少年が主人公です。主人公の瑞希は整っていない環境のなかで、諦めたり、仕方ないと納得してしまったりすることを嫌だと思える雄気堂々とした心を持っています。そして、ピッチャー透哉は過去にいろいろあり、野球から逃げ、それでも野球を捨てることが出来なかった大人しい子です。私は主人公のキャッチャーよりもピッチャーの方が、個性が強くて好きです。

透哉は、色んな人に影響をあたえる子だなあと思いました。祖母、瑞希、良治、野球部。そんな透哉の辛い過去の回想話は、私達の身近にもありそうリアルな話で胸が痛みます。でも、透哉の気持ちと同様に他の子の気持ちも分からないでもないから、複雑ですね。

個人的には透哉視点で書かれているところが一番好きです。現代の子供たちのような問題を抱えながら、瑞希に、野球に、心動かされる様子がみられます。瑞希視点では、ピッチャーが欲しい、あの球を受けたい、ということが繰り返し言葉を変えて書かれているので、少しくどいです。くどいからこそ、透哉の球を取りたいという気持ちがより伝わるようにしているんですね。

2013/07/31 08:26

投稿元:ブクログ

実際に野球の試合をしている描写はほとんどありませんが、まさに「青春」という感じで、元気が出ました。
周りの人に対して、もっと感謝の気持を持たないと・・・と思いました。

2014/05/01 00:00

投稿元:ブクログ

あさのさんの文章は綺麗だけどもどかしい時がある。中学生ってこんなこと考えるんだろうかっても思ってた。思春期のときに読んだら面白いんだろうけど、大人になった今はどうなのかねぇと。
とくに以前読んだのが『ヴィヴァーチェ』で、その最後に納得していなかったこともあり、正直本を開くのが躊躇われてこんなに読むのが遅くなってしまった。

けど読んでいくと、野球の綺麗な部分が綺麗な文章で描かれていて、たびたび鳥肌が立つことも。でもそれって野球の一面だけしか見てないでしょ?って違和感を感じていた。
でも物語が透哉の過去に触れたとき、あさのさんは野球が生み出してしまう負の部分もちゃんと分かってたんだと実感。早とちりしてごめんなさい!

最後まで読み終わって冒頭部分に戻るとすごく面白い。瑞希や良治が作楽呼びから透哉呼びになったように、透哉はこの時点で瑞希って名前で呼んでるんだよね(多分)。このチームがどれだけ透哉にとっての幸いだったかが分かりそう。きっと良治のことも名前で呼んでるんだろう。

最初は気が進まなかったのに、気がついたら読了していた。調べたら続刊があるだと…うーん、未だにあさのあつこワールドからは卒業できないみたい。

18 件中 1 件~ 15 件を表示