サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/01/22 14:45

投稿元:ブクログ

「研究することに嫌悪を覚える」為、基本感情の1つでありながら軽視されてきた嫌悪についての研究事例をまとめた本。
これから解明されていくであろう、嫌悪に関する、好奇心が掻き立てられるレビューを数多く知ることはできる。(そして疑問のまま残されている事も多い。)

なので研究書でありながら、素人でも探求心を掻き立てられながら読んでいくことができた。
例えば、日本人は嫌悪因子となりうる動物の種類が他国籍の人と比べて多いと書いてあれば、「そりゃ日本人は動物が歳とりゃ妖怪になると思ってるもんね~」とツッこんだり。
小さな子どもには「汚染」の概念がないと書いてあれば、「そりゃ鬼ごっこやって覚えるんでしょ!」といきがってみたり。

それにしても...。
「まずい」食べ物を吐き出す機能が起源の嫌悪が、いかにして道徳や社会に対しても矛先を向けるようになったのか、またそれを軽減する方法はあるのか。さらに洗練された研究が生まれていくことを期待してやまない。

1 件中 1 件~ 1 件を表示