サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

断言しよう、人生は変えられるのだ。

断言しよう、人生は変えられるのだ。 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
7 件中 1 件~ 7 件を表示

2015/03/12 09:41

投稿元:ブクログ

むむむ…詩的すぎて説得力や納得感に欠ける気がしました。慶應の先生というわりに、正直なところあまりインテリな雰囲気は感じられないように思うのだけど、もしや現代の若いインテリ層ってこういう空気感なのかな。意外と。

2016/05/14 10:05

投稿元:ブクログ

自分を大切にすること。
気付きを与えられたなら、ちゃんと心の中で感謝すること。
知ったかぶらないこと。
時間を大切にすること。
不安ごとは前もって全部羅列すること→自分を冷静に批判すること(これはカーネギーも言ってたな。成長ってそういうことかもしれない。なんでもぬるま湯レベルでやってたら成長できない。)

2014/12/12 23:00

投稿元:ブクログ

タイトルが胡散臭いのですが、内容は非常に真っ当で本質を得ています。いわゆる自己啓発本ですが、ポジティブ思考重視の本とは一線を画します。まだ読書途中ですが、目次を見て早く読みたいと思いました。

2014/11/23 17:58

投稿元:ブクログ

韓国生まれの著者はドイツ、アメリカで研究員を歴任。慶応大特任教授を経て2013年からはバルセロナで著述生活に入る。在野の知識人といった趣です。

自己啓発ど真ん中のタイトルに恥じぬ内容で、現代思想の源流に足場を置いたニーチェ的自力思考のススメです。


○私の場合、目指すべきものは「絶対不可侵の自己」だと考えている。それは、自己成長と平静なる心で構成されている。…最終ゴールは、「絶対不可侵の自己」を確立すること。成功とは何か、幸福とは何かを自分の言葉で定義し、それに向けて日常を組み立てていく。一瞬たりとも指揮権を手放すことなく、自分自身と自分の愛する人たちを最後まで守り抜く強さを身に付けていく人生。

○議論をすることは大事だが、議論をする相手は慎重に選ぶことが必要だ。ゲーテの言葉の中に、こんなものがある。無知の人と争えば、賢者も無知に沈んでしまう、と。
無知な人がしたり顔で議論しているときにも、平然としていられることが賢者の姿勢であり、それが威厳をつくる。時には、じっとされるがままにしているということだ。

○本によって自分が成長できるというのが一般的な考え方であるが、逆説的にいえば、自分の成長を通じて本の価値が高まり、本が成長していくという意味もある。つまり、それは亡くなった著者の魂を生かし続けるという側面もあり、私はそこに深い感動を覚えるのである。

○自分の命を守るために、また、大切にするためには、ある種の勇気が必要になる。それは、自由に対するリスペクトから生まれる勇気である。
つまり、やめるとを躊躇しない。それが大切だ。捨てること、断ること、離れることが、きっぱりできるようにする。すべての、どうでもいいことに、もう時間を使わない、という決意。その決意は自分の命に対するリスペクトから生まれるのである。

2015/01/28 02:08

投稿元:ブクログ

冒頭の「人生の景色を変える鍵は自分の「中」にしかない」という一文で、ハッと思う。 タイトルも気になって即手にとる。間違いなく最近では、僕の生活に変化をもたらしてくれた一冊!人生を変える=転職ではなくて、どういう視点を持って今の自分に向き合うか?日々を送るのか?禅に似ているのかな・・なんて思ったり。 でも、ホント理不尽な事が多いのだ。。。。。

2015/07/07 08:23

投稿元:ブクログ

一番今の心に響いたのは、心地がいいとそこから抜け出すことが怖くなる。失うものは想像できても、新しい環境から見えるものはイメージするしかない。
量をたくさん貪る読書じゃなく1文を味わう、1文が起爆剤となって思考が展開する読書法。
2015.7.5

2015/02/05 19:39

投稿元:ブクログ

軸(章)に沿った内容で進む。
ジョンキムさんの本は読んでいると新たな視点を気付かせてくれる。
本当、良書。
また読もう。

7 件中 1 件~ 7 件を表示