サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

アウトレットブック ポイント4倍キャンペーン(~2/28)

2/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~2/28)

hontoレビュー

習近平は必ず金正恩を殺す

習近平は必ず金正恩を殺す みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

習近平は、権力のため、戦争を欲している

2014/12/19 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の指導者が国内掌握のため対外戦争を選ぶという構図は、古くは鳥居民の「毛沢東 5つの戦争」が指摘していた。著者も、その延長線上の考えを持ち、習近平という人物を分析している。最終章の見立てはみごとであり、なぜ習近平は海洋摩擦を起こしているかが描かれている。彼の権力基盤は弱いものの、彼は自らを下放した毛沢東に憧れている。そして、毛沢東が対外戦争で軍を把握した道を自らも模索中だ。
まず標的となったのは日本であり、尖閣諸島で一戦を仕掛けたかったが、リスクが高すぎた。代わって標的となったのはフィリピンで、スプラトリー諸島は危うくなる。ここでアメリカがフィリピンに加担し、習近平は断念する。つづいては、ベトナム相手の戦いだったが、東南アジアから日本までを警戒させる結果となった。ここまでの時系列分析はなるほどであり、習近平に残された戦争相手は、評判の悪い北朝鮮となる。この戦争なら、大義がありそうだし、勝ちやすい。ただ、北朝鮮はしたたかなだけに、そうやすやすとはいかず、北朝鮮で失敗すれば、また対日戦に戻るという気もするが。
と、独自の見立てもあるが、金正恩に関しては、同じ著者の「金正恩の正体」とかなりかぶっている。どちらか1冊読めば十分だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/08 17:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/05/01 02:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2016/03/17 16:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

4 件中 1 件~ 4 件を表示