サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍!! (~6/30)

hontoレビュー

習近平は必ず金正恩を殺す

習近平は必ず金正恩を殺す みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

紙の本

習近平は、権力のため、戦争を欲している

2014/12/19 19:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:愚犬転助 - この投稿者のレビュー一覧を見る

中国の指導者が国内掌握のため対外戦争を選ぶという構図は、古くは鳥居民の「毛沢東 5つの戦争」が指摘していた。著者も、その延長線上の考えを持ち、習近平という人物を分析している。最終章の見立てはみごとであり、なぜ習近平は海洋摩擦を起こしているかが描かれている。彼の権力基盤は弱いものの、彼は自らを下放した毛沢東に憧れている。そして、毛沢東が対外戦争で軍を把握した道を自らも模索中だ。
まず標的となったのは日本であり、尖閣諸島で一戦を仕掛けたかったが、リスクが高すぎた。代わって標的となったのはフィリピンで、スプラトリー諸島は危うくなる。ここでアメリカがフィリピンに加担し、習近平は断念する。つづいては、ベトナム相手の戦いだったが、東南アジアから日本までを警戒させる結果となった。ここまでの時系列分析はなるほどであり、習近平に残された戦争相手は、評判の悪い北朝鮮となる。この戦争なら、大義がありそうだし、勝ちやすい。ただ、北朝鮮はしたたかなだけに、そうやすやすとはいかず、北朝鮮で失敗すれば、また対日戦に戻るという気もするが。
と、独自の見立てもあるが、金正恩に関しては、同じ著者の「金正恩の正体」とかなりかぶっている。どちらか1冊読めば十分だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/08 17:34

投稿元:ブクログ

内容は週刊誌的で面白いが、史実・分析の真贋については近藤大介氏のバックボーンをよく知った上で判断すべきというところか。

2015/05/01 02:45

投稿元:ブクログ

これまで「血盟関係」と言われてきた中国と北朝鮮。しかし、金正恩は習近平の制止を振り切り、核実験を行ったり、ミサイルを発射したりするだけでなく、中鮮の橋渡し役をしてきた北朝鮮ナンバー2の張成沢の処刑を行った。言うことを聞かない金正恩に激怒した習近平は、原油・食糧・化学肥料の三大援助のストップを行うなど、両国の関係は悪化している。
一方、中国国内に目を向けると、毛沢東を崇敬する習近平は、第二次文化革命ともいうべき、粛清に乗り出すが、これまで賄賂を貪ってきた人民解放軍ら国内役人の不満を生みます。一方、不動産バブル等、経済成長は停滞がちで、人民の不満も高まってきます。
では、求心力を高め、権力の座を勝ち取るために、どうすべきか。ここで、他国への戦争というカード=アメリカの手前、習近平といえども、アメリカの同盟国には手が出せない。では、消去法で残る国は、どこか。そう、北朝鮮なのです。そして、それを嗅ぎ付けた金正恩は、日本になびいてきている。

2016/03/17 16:10

投稿元:ブクログ

北朝鮮問題(というか、金正恩問題)と、それに向き合う習近平中国がよく判る。
見てきたように書いてるが、どっから情報取ってるのかはよく判らない。

どの本を読んでも、一番この先怖いの中国に間違いない。本気でやらかすつもりなんだろう。「アメリカ」が弱ったら、えらいことになるよな。

4 件中 1 件~ 4 件を表示