サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

仙丹の契り

仙丹の契り みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー27件

みんなの評価3.9

評価内訳

27 件中 1 件~ 15 件を表示

2014/09/17 11:50

投稿元:ブクログ

新しい術を教わったり、自らの意志で僕僕先生を支えたり。
王弁の成長が、行動としてはっきり感じられる。
変化といえば、僕僕先生の方も。
その積極性には驚き。
新たな出会いと別れあり。
見た目もしゃべり方も強烈な、デラク。
これからのかかわり方に期待。

2015/05/16 10:08

投稿元:ブクログ

真面目な内容、といったら語弊がありそうだけど、最初のころの軽い感じが懐かしいぐらい固い印象。それはそれでいいんだけど、でもキャラ的にはかつての雰囲気の方が合ってると思うんだけどな。

2014/12/15 15:35

投稿元:ブクログ

何巻目かを明らかにした方が良いと思うのだが…~雲南の程海への南詔国の侵攻は宋格之と紫蘭,孤児の心は程海に眠る古の神を動かし独立を守ったが,薄妃は劉欣に寄せる蒼芽香の思い,竹理が幼馴染みに寄せる思いを叶えさせようと助言するが達成されなかった。薄妃と蒼芽香は程海に留まることを決意し,吐蕃への旅は僕僕先生と王弁・劉欣と吉良だけになった。国境が近づいてくると肺病を患う者が増え,原因を探るとデラクという人を発見した。劉欣の技も僕僕先生の術も通用しない。相手の油断につけ込んで,王弁は握っていた薬籠を奪い取るが,まんまと逃げられてしまった。褒美の新しい技は経絡を探るもので,先生の身体に触れるため王弁は気が気でない。吐蕃の東の守りであるマルカムで賭け事で失った金を取り戻すために王弁は城主のダー・バサンの病を看ることになったが,相棒に名乗りを上げたのはラサの王子・ドルマであったが,もう一人飾り物で正体が知れない祈祷師に化けていたのはデラクで,暗殺を謀っていた。暗殺は食い止めたが,毒の効果か守将二人は死亡し,都へ連行されたドルマを王弁と先生は追う。王のテムジンに代理として弟のバイーが執政となっているが,ラサに着くと,王の代替わりが近いと噂が高い。一行は捕らわれ裁判に掛けられるが,王宮の地下牢に閉じ込められていたドルマは叔父バイーによって放免され,父母を追って渓谷に辿り着いた劉欣は,王テムジンと王妃パルダモを発見し,病が篤く,僕僕らを連れてくるために引き返す。女装の大頭の呪術師デラクはドルマの双子の兄と知れた。ドルマは父母の篤い病を治すため吉良に王弁と乗って向かうが,王の恢復は思うように行かない。僕僕は古い呪いを経絡に見つけ,それを仕掛けたのは仙人・王方平で,僕僕が親しい者と交わって仙丹を創り出すのを狙ったのだ。無論,唐の皇帝に届けるためで,僕僕の王弁への注意がそれる瞬間を狙って,劉欣の元同僚・田欧が奪い去った。王は廃太子を決意するが,途中から再立太子に方針を替える。王弁は劉欣を追って長安へ戻ると云いだし,デラクも同行することが決まった~途中から読むのは難しいよね。以前から読んでいる人は楽しみに待っているけど,初めて目にした人は最初から読まなくては話が通じない。一…五とした方が良いのに。僧形のドルマと化け物じみたデラク

2014/10/08 10:14

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】シリーズ第8弾もあいかわらずの鉄板。本作では僕僕と王弁がめでたく?結ばれ、共に旅してきた仲間とは別れ、新しい仲間と出会い、せっかく吐蕃までやってきたのに次は長安を目指します。続編がますます楽しみ。

2014/11/16 21:02

投稿元:ブクログ

このシリーズ、個人的に僕僕先生と王弁くんが師匠と弟子って感じが好きなのですが、恋愛っぽいのはちょっと違うと思っているので、題からして今回はどうかなーと思いながら読み始めましたが、良い意味で期待はずれでした。

王弁くんが成長していたり、薄妃さんが別の蜜を歩み出したり、変化が楽しい1冊になっていました。

新しい道ずれのデラクのキャラも今後が楽しそう。

2014/10/17 23:08

投稿元:ブクログ

僕僕先生8作目。
今回は吐番でのお話。
どんどん話を広げてきたけど、
少しづつ終わりに向かってるのかな?

2016/05/25 08:57

投稿元:ブクログ

僕僕先生シリーズ

王位継承で揺れる吐蕃が舞台。

今までともに旅をしてきた仲間と別れたり
新しい道連れができたり
僕僕と王弁がちょっと進展したり(?)

王弁は今回もひょうひょうと活躍(笑)

いよいよ長安へ向かうらしいので
クライマックスが近いかも

2015/03/14 23:12

投稿元:ブクログ

【内容】
チベットでお家騒動に巻き込まれる一行。終わりも近い感じ?

【感想】
初期ののんきな雰囲気が懐かしいような気もする。(2015年03月08日読了)

2016/03/03 00:05

投稿元:ブクログ

文庫待ちしていたのですが 我慢できず…(笑)
かわいいですよね王弁さん

今回はずいぶんと活躍しましたね 
薬師としても頑張りました 
僕僕先生との距離も縮まったみたいですしね

仲間との別れや新しい仲間が増えたりと 
今回のお話は盛りだくさんでおもしろかったです
しかし劉欣はモテモテですね

2014/11/08 23:11

投稿元:ブクログ

別れと出会いと。いつものメンバーが減っていくのがちょっとさみしい感じ
でもようやく先生と王弁の関係に進展があって、どきどきわくわく楽しめた
まだまだ旅は続く。この先どんなことになってくのか楽しみ

2014/09/03 14:25

投稿元:ブクログ

とても魅力的なキャラが去り、新たなるキャラが加わった。周りは変わっても僕僕と王弁は変わらないなぁ。契りってやっぱそうだよね・・・。

2014/10/02 09:23

投稿元:ブクログ

ドルマとデラクの名前が混ざって、読み進みにくいなーと思っていたけど、わざとだったのかしら。
帯にあったとおり王弁、僕僕の関係が変化していく。王弁の成長著しいのだけど、僕僕先生の感情が揺れ動くというか、弱いというか、人間に近いところが出てきて二人の存在が近く二人で一人になっていく感じ。
自分の中華の知識がないから、段々、民族の違いが思い浮かばなくなってきて苦しい…
地理感とかも、ふんわりとした感じで読まざるをえない。勉強しかないか

2015/01/19 16:31

投稿元:ブクログ

待ちに待った僕僕先生
2人の関係は進展したのかな

国を治める国王の資質
強い国王だけが良い訳でもない
国の有り様とは難しい

2015/12/10 12:56

投稿元:ブクログ

久しぶりの僕僕先生

僕僕先生と王弁の恋模様もちょっと進展した感
王弁が男らしくなってきたのが いいねぇ

2016/08/01 08:41

投稿元:ブクログ

唐代の中国を舞台に、仙人になりたい王弁青年が、美少女の姿をした師の仙人僕僕先生や、途中で加わる不思議な仲間たちと旅するシリーズ8作目で書下ろし。

南の国境を旅してきた彼らは、吐蕃(チベット)に向かうが、以前知り合った薬師ドルマが実は国王の息子で、王弁たちも王位を巡る陰謀に巻き込まれていく。

薬師としての術を仕込まれていく王弁は、師が自らのからだを使って経絡の流れを教えられ、なんと師との交合によって仙丹を作ることになる。

27 件中 1 件~ 15 件を表示