サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

ネットで「効く」コピー

ネットで「効く」コピー みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
8 件中 1 件~ 8 件を表示

2014/10/15 22:58

投稿元:ブクログ

⑴この本を手にとった理由
表紙にある「流し読みされても伝わるコピーの書き方」とはなんなのか、を知りたくててにとりました。
⑵感想
ネットでのコピーおよび文章の構成などがわかりやすく書かれていました。さらに関連した書籍も紹介されていて、非常に情報量が豊富な本だと感じました。
⑶こういう人におすすめ
ネットでのコピーライティングに悩んでいる方はオススメだと思います。

2014/10/04 11:24

投稿元:ブクログ

商品を販売するうえで欠かせない宣伝活動。広告などで見る(読み)セールス文章・・・いわゆる「キャッチコピー」とかいいやつです。
このコピーのハウトゥー本です。

特にインターネット(ホームページ・ソーシャル)に特化した内容で構成されていますが、ネット以外でも十分活用できるTIPSが満載です。

勉強になりました。(・ω・)/

2014/12/14 15:45

投稿元:ブクログ

キャッチコピーを学びたいひとはマストですね。
http://ameblo.jp/kopetaro/entry-11964495010.html

2015/09/18 04:35

投稿元:ブクログ

どんなにカッコいい文章でも自分に酔っているフレーズは相手に届かない。響かない。自分が如何に優れているかを訴える文章には読み手という相手が不在となっている。相手に読んでもらうためには読み手に対する敬意が必要。それを心がければ、自然に「言いたい」より「相手が知りたい」を伝えるようになるし、書き出しに気を配り、動機づけを仕込み、イライラさせない簡潔なコピーになっていく。終章にはクオリティを向上させるためのコピー検品ポイントが示されている。クールダウンし、プリントアウトし、声に出して読んでみる。・・・・・・・相手の立場になれば至極当然のこと。流し読みされても伝わる極意がここにある。

2015/03/07 18:11

投稿元:ブクログ

本を読むのはZ型で、
ネットを読むのは F型 。

報告書は 読まれることを前提として 文章を作る。
ホームページの文章は 読まれないことを前提として作る。

ホームページは
『興味があまりない』『よく見ない』『よく読まない』
『すぐに別の頁にうつる』『簡単に無視される』
という中でも読んでもらえるようにすることが必要となる。

商品の説明(特徴や仕様)をするのでなく、商品の価値を語る。
読んでくれる相手(ターゲット)を思い浮かべて、書く。
→相手に対する思いやりが、こめられているのか?
→【だれに】【何を】

ヘッドライン 最初の言葉に 集中する。

スラスラ読めて 繰り返しが多いねぇ。

2015/01/03 13:06

投稿元:ブクログ

◾読む理由
ユーザーに着目されるネットコピーの書き方がしりたかった

◾内容
ネットユーザー特有の読み方にあった、コピー・文章の書き方を提示している
ネットユーザーは最初の2行を読み、読み続けるかを決める

よって以下ティップス

・まず結論から
・感心のあるキーワードを最初に
・コピーは9〜13文字で(Yahooニュース参考)
・提供できる価値を述べる

◾こんな人におすすめ
ビジネス文書を書く全ての方
効率よく内容が伝わる文章の書き方がわかる
キャッチコピーはメールのタイトル作りにも役立つ

◾メモ
・商品の機能からベネフィットが生まれ 、ベネフィットから価値が生まれる 。 ・価値とは商品を使う 、手に入れることで得られる喜び (問題の解決や快適性アップ ) 。 ・人が商品を手に入れるのは 、商品そのものではなく価値が欲しいから 。

2014/11/14 23:29

投稿元:ブクログ

ネットだけじゃない。効果的に文章を発表したい人に読んでもらいたい本。

多分メルマガで見かけた、ちょっと気になったセミナーの
講師の方が書かれた本。

markezineというサイトでの人気記事をまとめた本。

ブログのタイトルを考えたりするのが、毎日だと結構大変です。
そこで、何か「基本」「型」といったものを知りたいわ、と読んでみました。

非常にわかりやすく、様々なパターンが出てきましたが、
特に覚えておきたいと思ったのが下記2つのパターン。

コピーライティング基本の基本4か条

マイナス三重苦から考える。
商品ではなく価値を語る。
相手のことを思い浮かべる。
最初のコトバに集中する。
書き出しのパターン

アドバイスをおくる
選び方を示す
気持ちに寄る
まずは「相手」。このことを、意識して考える事の重要性を
教えられました。
確かに、誰にの文章を読んで頂きたいのか、
それを考えてみることで変わるなと感じました。

実際に書けるようになるには、確認、検討、実践の繰り返しが
必要でしょうが、何を、なぜ書かなくてはいけないのかの
基礎を知ることが出来て良かったです。

2015/08/14 03:03

投稿元:ブクログ

良書。コピーを書く人だけでなく、プレゼンやマーケティング、人に伝える仕事をする人なら読んで身に着けるべきも内容。  知っているではなく、実際に利用して、ものをしっかりと伝え人を動かせるようになる為にも何度も読んだり、参考にしていこう。

8 件中 1 件~ 8 件を表示