サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】日経BP社全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

消えた巨人軍(中公文庫)

消えた巨人軍 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2015/03/14 00:33

投稿元:ブクログ

ミステリ系の読書会で(レコメンドのお題が何だったか忘れたのだが)レコメンドされた一冊。ミステリ好きの集まる読書会で西村京太郎をレコンメンドする方もする方だが、素直に読む方も読む方で、西村京太郎を手に取ったのはたぶん 20年振りくらい。

長島、王、張本をはじめとする(1976年当時の)ジャイアンツ一軍選手を丸ごと誘拐してみた、という奇抜な作品だが、得意の時刻表トリックと組み合わせて「あってもおかしくない」レベルで実現してしまう豪腕が凄い。後の名コンビ左文字、史子のなれそめ作品でもあり、二人の初々しい(?)雰囲気も楽しい。「ジャック」という一語からいきなり犯人が絞り込まれてしまうなど、本格推理としては今一な飛躍も目立つが、娯楽小説としては十分に読ませる佳作。

2016/08/24 23:36

投稿元:ブクログ

さすがに登場する人物が古すぎて読んで楽しめる年代の幅が限られるような気がしますが、今読んでも面白い誘拐事件もの。
携帯電話世代とかは、読んで違和感あるんだろうなぁ。
巨人軍の選手が見つかるところまでは、とても良い感じで展開するんだけど、その後、最後までがちょっと冗長な感じ。
もうちょっとひねりが欲しかったというのは、最近の小説に慣れている影響かもしれませんね。

2015/04/28 16:18

投稿元:ブクログ

プロ野球チームをごっそり誘拐するという発想が斬新で豪快。球団関係者と犯人の駆け引きは緊張感があって面白かったです。
しかし、前半で明かされる誘拐トリックは意外と普通。
また、交渉劇が終了した後犯人を割り出していく過程は型通りの西村京太郎サスペンスですし、ネタバレは犯人の自供であっさり終了するのでボルテージが上がらず、カタルシスを得ることは出来ませんでした。

3 件中 1 件~ 3 件を表示