サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0120-26)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 濁流資金
  5. ユーザーレビュー一覧

hontoレビュー

濁流資金(文春文庫)

濁流資金 みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

紙の本

新しい犯罪に挑む

2015/01/11 23:10

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:タナ - この投稿者のレビュー一覧を見る

新しい犯罪が発生しようとも、それに対抗するのは昔と変わらぬ。
地道な捜査である事を示してくれた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

還流資金

2015/12/31 12:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kon - この投稿者のレビュー一覧を見る

公安部青山は安心して読めますね。どうつめていくのか、現実もこんな風なんだろうと興味がわいてきます。今後ご取材によりよりリアリティのある作品を期待します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ドキドキ

2014/11/07 14:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:転勤族9 - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんどん読みたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

スーパー警察官

2016/11/02 08:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いなみの - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白く読みましたがこの作者のしりーずでは組織の説明に割くスペースが多くストーリーの進行を妨げる場面が多い。会話も発言者がつかみにくい点が惜しい。シリーズの後半にかけてその辺が少なくなって読みやすくなっている。この作品では大分整理されて読みやすくなってきている。
組織の解説かエンターテイメントなのかをはっきりとさせてほしいのが
読者への親切と思う

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/10/11 10:10

投稿元:ブクログ

濱嘉之先生は面白い!
青山望シリーズは4人の同期が
場所や立場を変えつつ、新しい仲での
情報を駆使して大きな事件を解決する話
最高に面白い!(大事な事は二度言う)

2014/10/05 18:38

投稿元:ブクログ

シリーズ最新作。このシリーズは登場人物も、事件背景も複雑に絡まっていて、ついて行くのが大変です、、、。頭の体操にどうぞ。

2016/04/11 10:17

投稿元:ブクログ

【作品紹介】
仮想通貨取引所の社長が銃殺された。人事異動で警視庁公安部に復帰した青山望は、同期カルテットと共に事件を追うが、同時に政財界のホープが次々と不審死する事件が発生する。やがて青山は二つの事件の背後に、日本の表と裏の権力者たちによる壮大な陰謀の存在を察知する。公安捜査のリアルを描く大人気のシリーズ最新作!

2015/01/04 14:00

投稿元:ブクログ

青山望は 霊感的な調査をして
はっきりとものが言えるオトコで 公安。
公安の 調査技術が 急速に進んでいることが
よくわかるが、登場人物が多く、
その説明に スペースが割かれていて、
物語自体は なぜか 拍子抜けるほどの
単純化がある。

一網打尽 というのが 青山望の 物語の特徴かな。
新党夢は いかにも みんなの党に 類推できる。
運輸会社、芸能プロダクション、そして フィクサー、ヤクザ。
それぞれが むさぼろうとするが
基幹産業は あまりでてきていない。
ちょっと 半端な企業でしかないのが 
あまりおもしろくないね。

警官が どんな風になっていくのか
それが いくつかの転落ケースがあり、
いかにも 現実にありそうな話。

仮想コインは 結局わかったようで、わからない
という感じなんですね。

2015/06/28 16:11

投稿元:ブクログ

現実の事件と錯覚してしまうくらいのリアルさ。終わり方からいって、続編は確実か。ただ、もうそろそろカルテットもやり過ぎて潰されそうになるかも。

2014/11/19 17:24

投稿元:ブクログ

○濱嘉之氏の作品。青山シリーズの5作目。
○政・官・業から、反社勢力、IT企業の暗部に潜む犯罪に対し、主人公・青山望を中心とする同期カルテットの活躍を描いた作品。
○相変わらず、警察の内部を見ているのと錯覚するような詳細な書きぶり。
○前作からキーマンとなっている「清水」「神宮寺」が、本作では直接登場しておらず、次回作以降への複線として描かれているのが気になる。

2015/03/28 13:12

投稿元:ブクログ

そういえば仮想コイン騒動てあったなあ。
割と直近の話題を取り入れておりそういう意味では面白かった。
ただこのシリーズの悪役って、
あっさりしてて何故か印象に残らない。

2014/10/17 13:27

投稿元:ブクログ

【どこまでもリアルな公安捜査の実態!】仮想通貨取引所の社長殺害事件と心不全による連続不審死事件。所轄から本庁に戻った青山は、二つの事件の背後に広がる闇に戦慄する。

2014/12/08 22:26

投稿元:ブクログ

・あらすじ
どいつもこいつも悪者。芋づるじゃーって話。
・かんそう
ごちゃごちゃしすぎ。適当に読んでたら意味わかなくなった。雰囲気は好き。

13 件中 1 件~ 13 件を表示