サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本

シリアのゴッドファーザー

2016/02/06 12:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pinpoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

最初に丁寧な両家の系図が載っていて、そこには属する宗派もしっかり書かれているため、この両家の対立には宗教が重要な因子なんだろうと思っていたらこれが意外とそうでもない。はっきり言えば国境地帯にある農村(農業・牧畜だけでなく密貿易も家業のひとつ)での権力争いが大元にあり、すべての諍いはこれに始まりこれに終わるといった様相だ。
略奪婚・不倫・勝手な結婚をしたことによる親戚の血の復讐・亡命…とまあ一族の歴史はてんこ盛り。第1巻だけで疲れ気味になる。この両家がキリスト教徒だとはちょっと信じられない。
第2巻以降の主人公の人生航路はどんなものなのか、この親にしてこの子ありなのかどうかは興味がある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/08/30 22:49

投稿元:ブクログ

シリアを舞台にした大河小説の第1巻。
翻訳が酒寄進一で不思議に思っていたのだが、シリアからドイツに亡命し、ドイツ語で創作を行っている人物らしい。

短い断章を繋げて行く構成で次々と視点が入れ替わるので最初は混乱するが、家系図があるので読むのにさほど苦労はしない。
イスラム圏におけるキリスト教徒の生活は文化人類学的な意味でも、宗教学的な意味でも興味深い題材。宗教的な対立、一族同士の対立など、様々な問題が描かれており、とっつきにくいかと思ったがそうでもなかったのは嬉しい誤算だった。
2巻が楽しみ。

2014/10/30 13:13

投稿元:ブクログ

1950年代、シリア北部マーラ村。カトリックを奉ずるムシュターク家とギリシア正教徒のシャヒーン家は長年敵対関係にあった。ムシュターク家のファリードとシャヒーン家のラナーはダマスカスで出会い深く愛し合うようになるが、二人の運命は両家の争いとシリアの激動する社会に飲み込まれてゆく。

全3巻の第1巻。シリアのロミオとジュリエットと思いきや、主役はこの国の社会・文化そのものである。特に本巻では両家の血塗られた歴史の中で、因習的なシリアの農村社会と入り組んだ政治・宗教勢力図が描かれる。とにかくテンポよく、多彩な挿話が矢継ぎ早に繰り出されるのでどんどん読んでしまう。全304章だが各章は4~5ページとごく短く読みやすい。

中東のキリスト教文化についてはこれまであまり考えてみなかったが、植民地支配や土地の習俗と絡み合った複雑な様相を垣間見ることができた。とにかく復讐や一族の掟など終始血なまぐさいが、不思議と土臭さをあまり感じない。物語としての面白さはかなりのものだけれど、何しろ挿話が多すぎて人物描写・情景描写が淡白なのが残念。

3 件中 1 件~ 3 件を表示