サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価2.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/04/13 23:13

投稿元:ブクログ

ルワンダの内戦から逃れてイギリスにやってきたクリストフ。言語の違いも乗り越えて、イギリスの学校に馴染んでいくが、たったひとつ、物語が本に書かれているのだけは我慢ならない。お話はすべからく自由でなければいけないから。口承文学の世界からきた人たちにとって、物語を書き留めることは、物語の死を意味するのかもしれない。

ルワンダのぐじゃぐじゃは、もとよりこの文章レベルの本を読む人たちに理解させるべきものでもないので、戦争ものというより、戦争のスパイスも入った異文化理解文学かと思われる。

2015/08/09 20:55

投稿元:ブクログ

8歳の男の子が 自分自身におきた 内戦の話を 亡命先の イギリスの学校で語る…同じ国の人どうしが 争う「内線」…むなしいです((T_T))

2015/07/18 11:34

投稿元:ブクログ

物語の伝承は、体験者自らが語ることが一番伝わる。
そして、今なお、世界のどこかで起こる戦争への終焉と平和な生活への希望を強く思う。

小学生のクリストフの成長物語。
家族とともに、ルワンダからイギリスへやって来た。
肌の色の違いから、学校ではイジメにあう。

しかし、みんなの前で、自分の物語を語ることで、
大きく成長していく。
内戦に巻き込まれ、命からがら出国してきたのだ。

『どこの世界にも、ほかの人より上にいないと気のすまない人がいるんだ』
クリストフの父親が語る言葉が印象的だ。

学校や地域、民族や人種、そして、国家。
「優越的でいたい」という争いが、人類の歴史。
また、争いによる悲惨さを、伝えていくのも、人類の歴史。

本は多くのことが学べる。
けれど、臨場感が伝わりにくい。特に、戦争や紛争などは。
ときには、体験談を直接聞いてみることも大切と感じた。

平成27年度青少年読書感想文全国コンクール・小学校中学年課題図書。

2015/04/09 21:28

投稿元:ブクログ

中央アフリカのルワンダから、イギリスへ転校してきたクリストフ。
ある時クリストフのお腹に傷があるのをクラスメイトが発見し、このことから、彼がイギリスに転校してくる前に体験した戦争について、皆に話して聞かせることになる……。
悲惨な戦場を生々しく語るクリストフの話に、思わず引き込まれてしまう一冊。

***

中途半端。

分類は3類……だったかな? 物語風にはしてあるけれど、実際にこの地球のどこかの、誰かに本当に起こっているお話なので、体験記の要素も含んでいます。

ページ数の問題なのか何なのか、物語としては心理描写が少なすぎて主人公の行動が突然で理解しがたいものに感じる。ただ、クリストフが自分の体験を話して聞かせる場面は臨場感があっていいと思う。

体験記としても、いつ、どこで、どうして起こった戦争の話をしているのか? そういった情報がほとんどなく説明不足。申し訳程度に補足があったけど、読んでも私には「???」でした。

なので、クリストフの話に怖がる子供たちが、私にはただ怖くて残酷な話が面白くて聞いているだけ、というような気がしてしまい……。
また、話をしている最中にクリストフが皆の反応を見て楽しんでいるというか、得意になっている描写があり ますます「戦争の悲惨な話」を「ただの怖い話」にしまっているような気がして、どうも受け入れられませんでした。捻くれまくった感想で申し訳ないです。

4 件中 1 件~ 4 件を表示