サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

テミスの求刑

テミスの求刑 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

2014/11/09 23:36

投稿元:ブクログ

 今年から元自衛官という変わり種検事・田島亮二の立会事務官となった平川星利菜(ひらかわせりな)。クセがある人物ではあるが、仕事は優秀だと思っていた。しかしある日、何者かから「あいつ(田島)は人殺しだ」という密告電話がかかってくる。さらに、ある殺人事件の現場の防犯ビデオに父まみれのシャツを着た田島が逃げていく姿が映っており、当人は姿をくらませてしまう。

 田島が逃げる理由は何なのか、そして本当にこの検事を信じていいのか、星利菜と共に読者はずっと揺られることになる。理由がわかってみれば一応筋の通った行動でなるほどとは思うけれど、果たして本当に検事としてそんな行動をとるかなぁというのはいささか疑問。

2014/11/05 14:44

投稿元:ブクログ

【ネタバレ】殺人容疑で逮捕された検事が無実を訴えたきり黙秘を続けます。この作品のキモは検事が黙秘する理由にあると思うし、実際にそれがオチになっているわけですが、それがわかったとたんに思い切り脱力しました。そこまでは実に良かったんだけどなぁ。ひっぱって、期待させといてコレかい!みたいな。

2015/07/16 22:46

投稿元:ブクログ

優れた検事が殺人の容疑者になり、逃亡籠城逮捕裁判と、めまぐるしく場面は変わる。
主人公以外、キャラも立ってて、話も意外なラストで面白い。主人公がとにかく邪魔。

2015/07/10 21:30

投稿元:ブクログ

不起訴後の再犯、自白強要、冤罪、取り調べの可視化、など様々なテーマが出てきた。
父の事件に絡んで新たな事件の発生。
一体どこが落とし所なのだろうと思いながら読み進めて行ったら、なるほどそういうことでしたか、という感じ。
滝川さんの謎キャラクターが面白かった。

2014/10/22 12:26

投稿元:ブクログ

刑事物ではなく、検事物の小説。無実の人間を刑務所送りにし、自殺に追い込んだ過去をもつ検事は、その忌まわしい事件に端を発する新たな殺人事件に直面するが・・・
登場人物のキャラクターもしっかりと描かれており、内容の濃い上質のミステリー小説。

2015/05/10 09:27

投稿元:ブクログ

これもWOWOWでドラマ化されると云うので読んでみたが、骨太の作品で面白かった。読むに連れて、どんどん先が気になるストーリでした。ドラマにも期待!

2015/08/09 19:15

投稿元:ブクログ

登場人物がみんな魅力的で、物語に入っていきやすかった。
一見だめそうな滝川検事がとてもかっこいいです。

2014/11/06 19:45

投稿元:ブクログ

初めて読む 大門剛明氏の小説である。
検察事務官の平川星利菜は、検察官の父の殉職と、そのショックで母も脳梗塞で、一人になってしまう。
父の殉職には、ガラス店のどら息子が、逮捕され、自殺してしまうのであるが、これが、冤罪だあった事が、この小説の最初の起こりである。
冤罪にしてしまった敏腕刑事が、仲の良い弁護士殺害容疑で、逮捕されてしまう。
それは、監視カメラにも、大型ナイフを持って、血のついた着衣を身につけた検事は、無実を訴える。
正義の神テミスは、、、
最後、殺された弁護士の幼い息子が傘で、被告人である検事の身体をつついたことから、おなかを刺されていた事で、解明されて行く。
昔、冤罪で、自殺までした息子の父親が、またもや息子と同様に、冤罪の落とし穴に入り込まないようにした検事が、おなかを刺されていたのだった。

いろんな人物の絡み合いが、少し複雑であったが、構想がよくねられていた。

2015/07/11 18:29

投稿元:ブクログ

検事社会を舞台にしたエンターテイメント推理小説。
キャラクターが弱いのが気になる。ストーリー展開も単調で、文章も切れ切れで滑らかさが無い。法廷を舞台にすると筆が変わって活き活きしてくる。深町代弁の登場で物語が締まって俄然面白くなる。どんでん返しは人気作家に引けを取らないが、小気味のよい文章能力を手に入れたら化ける可能性大!

2015/10/07 12:05

投稿元:ブクログ

本当にテミスの求刑を待っていたのは冒頭の人物だったようです。
犯罪によって、そして冤罪によって人生を狂わせてしまうのは被疑や被害者だけでなく、時には裁く方の人間の人生をも狂わせてしまうことになる。
人が人を裁くとはなんと難しいことなのだろう。
深町シリーズ読みたくなりました。

2014/09/23 11:16

投稿元:ブクログ

面白い。すらっと読めた。せりーぬが良い感じ。いくら自分が正しいと思ってする決断でも、ルールを破ってまでする決断は、結果的に人を不幸にする。検察官田島亮二かっこいい。

2015/07/13 09:19

投稿元:ブクログ

大門さん、初読。シリーズモノ、というわけではないけれど、他の作品の登場人物もチラホラと出ているようなので、そちらの作品も読んでみたいと思います。
冤罪、って防ぎようがないのでしょうか。

2015/05/31 21:40

投稿元:ブクログ

女性検察事務官である主人公が、パートナーである検事が弁護士殺害事件で逮捕されたことから、疑問を持ち事件の調査をする物語です。かなり人間関係のトリックがよく練られていて感心したのですが、なんとなく状況の不自然さが拭えない感じでいまいち感情移入できませんでした。

2016/02/08 12:38

投稿元:ブクログ

2月-3。3.0点。
警察官の父親が以前殺された主人公。検察事務官。
仕える検事が、弁護士殺害の疑いがかかり、逃走。
父親の事件の関係者も、事件の関係者に。
真相は。

あっという間に読めた。
少しこねくり回しすぎの感。途中で「えーっと」と
考えてしまう。
もう少し単純でも良いのでは。

14 件中 1 件~ 14 件を表示