サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

宅配買取宅本便ポイントアップキャンペーン(~12/31)

hontoレビュー

ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち

ゴジラとナウシカ 海の彼方より訪れしものたち みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本

ゴジラの世界を越え、ナウシカの世界を生きる。

2016/02/21 20:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:銀の皿 - この投稿者のレビュー一覧を見る

東日本大震災を東京で体験した著者。呆然とした時間の後にやったことがパソコンで映画『ゴジラ』とアニメ『風の谷のナウシカ』を見ることだった、というところから本書は始まる。震災、特に原子力発電所の事故から考えさせられたことは科学技術のありかたである、というのはかなりの人に共通することであろう。本書もそこにつながっていく。

既出の文章などをまとめた部分が多く、内容も『ゴジラ』についての考察が多い。(正直なかなかナウシカまでつながらないので読んでいて少々焦った)。しかし、著者の言いたいことはよく伝わってくる。『ゴジラ』や『風の谷のナウシカ』、さらには『グスコーブドリの伝記』まで引用されてるのだが、ストーリーを知らなくても大丈夫。著者は丁寧に物語を追いながら思考を綴ってくれる。

『ゴジラ』が第五福竜丸や戦争の犠牲者への思いを秘めた作品であることはよく言われることでもある。最後には新しい科学力で葬られるゴジラ。そこにはまだ「科学でなんとかなる」という考えがあったとと著者は分析する。では『ナウシカ』は。科学で破壊された世界は科学の遺物である「巨神兵」では制御できない。アニメ版では若干違和感を残した終わり方をしたと著者は思い、漫画版についても言及をし「人間が火を手にしたことに潜む原罪」にまで考えを広げていく。

「ゴジラ」や「ナウシカ」に対する著者の解釈は、原作者の意図したものではないかもしれない。描かれたものとは、そういうものだ。独り歩きもする。それでも、新たな考えを引き出したり、展開させたりする刺激になるというだけでも、たかが映画、たかが漫画と言えない役割がそこにあるという価値を証明してくれている。

本書での考察はまだ完結しているわけではない。本書のあとがきの日付は2014年7月28日。ハリウッド版「ゴジラ」を見ての感想を含めて書かれていいる。ナウシカについても、特に漫画版の評などはまだ未完であるようなので、再度(いや何度でも)考察して著して欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/11/01 08:32

投稿元:ブクログ

「怪獣は異界からの訪れ人である。異界にたいする豊かな感受性と想像力を背景とすることなしには、怪獣は誕生せず、その物語が大衆的に受容されることもない。昭和30年代の後半からはじまった高度経済成長期という名の、日本列島の根底からの変容と崩壊の季節のなかで、怪獣を分泌するに足る想像力の源泉としての異界とその闇は、列島の内部から根こそぎに失われていった。もはや列島はみずからの内部から、異形の愛すべき怪獣を産む力も根拠も失ったのである」 面白く真摯な考察。

2 件中 1 件~ 2 件を表示