サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

5/10 【HB】丸善 丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』第3弾(~6/14)

hontoレビュー

劣情婚姻(B-BOY NOVELS(ビーボーイノベルズ))

劣情婚姻 みんなのレビュー

新書

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2014/09/21 15:01

投稿元:ブクログ

ルチル文庫の「秘虐の花嫁」、Chara文庫の「花嫁と誓いの薔薇」に続く第3弾の花嫁ものです。花嫁系は作家さんにとってもかなりキケン度が上がるジャンルでしょう。購入の回避率も上昇します…
結論から言うと、今回の話は苦手な人には苦手かもです。
HQちっくなかんじで、マフィアが絡もうが受が攻を裏切ろうが、結局あきれるほど極甘な仕上がりなので。

個人的評価としては「花嫁と誓いの薔薇」が一番で、その次が「被虐の花嫁」で、最後が「劣情婚姻」の順になりました。
どの花嫁も絶体絶命な立場に追い込まれるのですが、マフィアにひっ捕らえられた里見が一番ゆる~い扱いだったところが優劣の理由。

マフィアのボスの相談役の神津に「去勢して自分の妻にする」と告げられすっかり怯えた里見は、服従するかのような態度を取りながらも心の中ではどうにかして逃げようと必死で画策します。
パッと見、生きるか死ぬかのハードな関係なんです。…でも実は、もう勝手にやっててくださいと言いたくなるようなラブっぷりを見せつけられてしまいます。
裏切った妻をそれでも許してしまう甘々な神津に、コワモテなくせにあんたどんだけベタ惚れなの??と呆れながらもなんだか妙に微笑ましくなってしまいましたww
里見も怖いとか嫌いとか言いながらも毎夜ベッドでかわいがられて、生活にも何不自由なく甘やかされて、気持ち的にはもう神津の奥そのもののくせに、男の矜持か何かのせいで素直じゃないのです。
小悪魔で生意気な美人にひと目惚れしてしまったマフィアの強面が、不器用なあまりめっちゃ怖がられてしまう…という話でしたww

「情熱」シリーズの遥よりわかりにくい攻です!わかってしまうとかわいくて笑えます。
ツッコミどころは満載だったけど、里見がとても強気な受で、ベッドシーンでも大胆なところを見せてくれてかなり煽られました。

読みやすい作品で軽く一気読みできます。3作の花嫁たちを読み比べてみるのも面白いと思います。楽しめました。

2016/04/10 04:53

投稿元:ブクログ

▼あらすじ

金のためなら悪魔とでも寝る、が信条の里見。
恐れ知らずに裏社会の取引に手を出し、マフィア一家に目をつけられ拉致された。
そこで会った一家の顧問の神津に「この男を去勢して自分の妻にする」と
冷酷に告げられる。非情な神津に、報復目的の陵辱なのだ、と官能を煽られ、
あらゆる欲を引き出されて、初めての快感を体と心に教え込まれる里見。
男の姿のまま花嫁として日々辱められる里見は、
神津の冷徹な悪の魅力に次第に取り込まれて…。

***

久し振りにマフィアものを読みました。受けが拉致されて攻めの部下に
右腕折られるシーンは結構リアルで少しビビったのですが、それ以降は
比較的穏やかでマフィアものにしては読みやすさを感じました。
暴力らしい暴力と言えば最初の腕折られるシーンと、最後の方で受けが
ちょこっとモブに暴力振るわれるくらいで後はこれといった血腥い展開もないし、
攻めも穏やかな上に受けの嫌がる事はしないキャラなので全体的に甘めな方かも。

まぁ、面白かったと言えば面白かったのですが、萌えはしなかったかな…。
まず何よりも攻めの事が良く分からな過ぎて…。
部下に指示して受けの腕を折らせた最初のシーンが印象的だったせいか、
どうにも受けに対しての本気度が伝わって来ないんですよね。
結局、受けの事を好きになったのも、顔と身体が好みだったってだけだから
イマイチ心に響かないし、強い絆で結ばれてるって訳でもないから
グッとくるものない。受けを去勢済みって事にさせてるのにも何か引っ掛かるし、
要は攻めの性格があんまり好みじゃなかったんですよね(すみません…。)
でも、反対に受けの方は割と好みのキャラでした。
攻めの事は良く分からなかったけど、受けに関しては心情が丁寧に
描かれているので共感しやすかったですし、強気で生意気な性格も好みでした。

最後の方で受けがマンションから逃亡するシーンはどうなるのかと
ヒヤヒヤしてその部分は楽しく読めたのですが、逃げ切る寸前のところで
攻めに捕まった上に何だか良く分からない内に新婚旅行になってて唖然(笑)
つくづく攻めの考えが読めない…っていうか理解出来ない…。^^;
読み終わっても、果たしてこの二人の幸せは永遠に続くのだろうかと要らぬ心配まで
してしまう始末で、純粋に楽しめたとは言い難い結果になってしまいました。
読後感は悪くないのですが、個人的には物足りなかったので評価は★3.5という事で。

2 件中 1 件~ 2 件を表示