サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

2015/04/21 19:37

投稿元:ブクログ

「おもしろい会社がある」と教えてもらって、興味を持って手にとった一冊。自分にはあまりなじみのない、出版業界に思いを大切に新しいアプローチで取り組んでいることが伝わってくる一冊でした。ただ、自分が合流したいかと言われるとそうでもないかな、とか。なくならねばならない分野の仕事をその方式で頑張れば頑張るほど、その仕事の延命に加担していることになるっていう部分は共感しました。なかなか自分のやってきたことを全部否定して次に行くっていうのは勇気がいるし、そこまで大きな視野で見ることもできないかなと。

2016/02/19 23:11

投稿元:ブクログ

おもしろかった!
特に後半。
ブンダン主義。

良い言葉もたくさんあった。

読んでよかった〜。

2016/08/18 15:44

投稿元:ブクログ

―――力を未来へ向けてやるだけで、自分の中の世界の扉はパッと開く―――

年間6冊ほどの新刊だけで、6~8人の社員とともに、なんとか会社を維持し続けられているのはなぜか?
代表はエクセルが使えない、営業は領収書の切り方がわからない…
会社は、働くということは、ノウハウ以上に大切なことがある

ミシマ社のコーヒーと一冊シリーズがだいすきです

2014/08/24 17:27

投稿元:ブクログ

文庫版が出たので、購入して再読。ちょっぴり泣けて、げんきがでる本。小さいころから好きだったけど、大人になって、あらためて、本っていいなぁって思えたのは、ミシマ社のおかげです。これからも応援します。本、買います。つぎのボーナスが出たら、サポーターも復活したいなぁ。。

2016/09/01 11:47

投稿元:ブクログ

まずタイトルに惹かれて手に取り、まだ半分くらいで途中ですが、面白く読んでます。
昔何気なく読んだ『街場の中国論』も、たくさんの人の熱意で私の手元に来たんだとわかり、胸が熱くなりました。
読み返そうと思いました。
少し気持ちの視点が変わり、元気もらってます。

2014/07/31 19:40

投稿元:ブクログ

祝文庫化!

河出書房新社のPR
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309413075/

2017/01/01 06:51

投稿元:ブクログ

読了。星5にした。良かった。途中何度も、自分も今の仕事を頑張ろうと思った。平川克美の小商いのすすめに紹介されており、自分の本棚で見つけて読んだ。積んどくしてて良かったと、ほおっぺたが、ぽっと赤く(見た目は、ドス黒く(地黒なので、...。))なったのがわかった。

2015/06/17 11:48

投稿元:ブクログ

好きな出版社が3社目できた。
それが、ミシマ社だ。

以前から注目していた出版社は、今年40周年の「本の雑誌」
そして、もう1社は沖縄の地元出版社「ボーダーインク」

その3社に共通してる点が多い。
まず、少人数でガンバっていること。
少人数だから出来ることにチャレンジしている。
たとえば、本の雑誌は、表紙の後の初めのページに書店とか気になる作家の本棚をカラーで載せている。
これも値段が高くなる要因になって毎月は厳しいだろうなあと思ったら、毎月継続しているし、
毎年の1月号のベスト10は座談会方式で皆でお勧め本を持ち寄り、その場で、なんとなく決めている。

一方、本書のミシマ社。
創業当時、まだ会社の基本的コンテンツが無い時期に
静岡県の三島駅近くでアポなしでその場で宿を探して、
社員一同の企画合宿を行った。
そのときに出た企画が、現在も続いているコンテンツで
ミシマ通信(みんなのミシマガジン)だ。
みんなのミシマガジンは、毎日1項目更新している。
サポータ費により皆で支えて運営しているウェブ雑誌。

とにかく、3社とも、現在のネット環境を最大限に活用して、フェイスブック、ホームページで面白いコンテンツ満載でがんばっている。

これからもミシマ社、他2社の出版社は目が離せない状況になりそうだ。

2014/08/06 10:41

投稿元:ブクログ

一冊入魂、原点回帰の出版社として各界から熱い注目を集めるミシマ社。たった一人の起業から5年目の「発見」までをつづった愉快・痛快・爽快エッセイ。各界から絶賛を浴びた名著に「番外編」書き下ろし。

2014/08/17 13:27

投稿元:ブクログ

おそらく涙する本ではないのだけど、本の後半からはずっと涙目だった。今現在のの私の心を打ちました。
ここまでの愛情を注ぎながら仕事をしているなんて…そんなことを私もしたい。
素敵な本と出会えたな。

2014/10/05 18:15

投稿元:ブクログ

あんまり書店でふらっと本を買うことはないんですが、なぜか気になって手に取り、読んでみたらすごく面白かったです!読んでみて、あっ私もミシマ社の一冊入魂の仕事に奇跡的に出会えた読者なんだなと思いました(*^^*)
人生の考え方も仕事の仕方もすごく共感できて、楽しく読めた一冊。
素敵な仕事ー!こういうあったかい仕事がしたい。

2015/06/15 10:07

投稿元:ブクログ

久しぶりにあっという間の読破。


同じ直感タイプの方の文章なので
どんどん脳ミソに浸透する感覚が
気持ち良かった。


果たして僕は何をするのだろうか。

なんでもいいや。

とかく、この本と出逢えて楽しかった。


適切な自己中心性、ここに素直に。

2017/03/12 23:05

投稿元:ブクログ

無法者ばかりの出版社、ミシマ社。
ここには、あるべき、新しい出版社の姿がある。

本を作り、それを届ける。
そして、そこに幸せがある。
そして、その幸せがひとつ、またひとつ。

信念と情熱と愛情、たったそれだけ。
それが、この小さな出版社を今日も動かしている。

13 件中 1 件~ 13 件を表示