サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

吉田稔麿 松陰の志を継いだ男(角川選書)

吉田稔麿 松陰の志を継いだ男 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/04/05 16:26

投稿元:ブクログ

吉田稔麿といってもピンと来る人は少ないだろう。ぼくも、NHK大河ドラマ『花もゆ』を見ていなければ知らなかった人物だ。稔麿は、実は吉田松陰の弟子の中でも、高杉晋作、久坂玄瑞らと並ぶ俊英なのである。ドラマでは、身分の低い武士である稔麿が、江戸へ行きたいと言って松陰に願い出るが、お前には志があるのかと問い詰められる場面がある。稔麿はやがてその志をもち、江戸の長州屋敷へ下働きにやられることになるのだが、実際稔麿はそれまでに2度も江戸へ行っている。ドラマではこの先、稔麿が死ぬ池田屋事件まで出てきそうにないが、実は、かれは江戸の幕府官僚にも顔が知れ、その後、長州と幕府の間にあって、いわば諜報部員的役割を果たすことになる。(ドラマでは、江戸のニュースを知らせる瓦版や的存在になっていた。)長州はお堅い土地で、女郎屋などへ武士が行くことはないようだが、藩命を帯び大枚を与った稔麿はけっこう遊びまわり、京都では下半身の病になり肝心な時に江戸へ行けなかったりしている。それはともかく、当時、長州はますます攘夷運動が激化していっていたが、かれは江戸の状況を知っていただけに、それをなんとか押さえようとするがうまくいかない。やがては、京都の池田屋で過激派長州藩士と謀議していたところを新撰組に襲われ一命を落としてしまう。一坂さんは、多くの手紙、文書を駆使し、本書全体をいきいきと描いているだけでなく、稔麿が一命を落とす下りについても、それがどこか、あるいは自害か等々、多くの人の手紙の内容を紹介しながら描く。吉田松陰が過激化するなかで、稔麿は松陰と距離を置くようになるが、そのあたりの描写も面白い。松陰は離れていく稔麿は死んだものだと葬儀をやったり、そうかと思うともどってきてくれと懇願したりと、愛憎半ばした行動に出ている。ある意味子どもっぽい。このように稔麿を通して見る松陰像も興味深い。

2015/04/03 22:49

投稿元:ブクログ

池田屋事件の斬られ役的なイメージで語られることが多い、彼。
若くして散った志士の、短くも鮮烈な一生をたどる……といえばそうなんだけど。


ちょっと、なあ……
長州藩って最終結果が勝ったからごまかされているんだが(勝てば官軍ってやつね)、彼のように途中までで終わってしまうとなんともまあ。
小倉藩にはひどいことをしたよね。
孝明天皇の勅命が自分に不利となると偽物と決めつけるとか、おとなげないよね~……と引いてしまった。


そういうところまで丹念にたどる筆者はえらい。

2 件中 1 件~ 2 件を表示