サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

レビューキャンペーン(1201-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2014/10/04 13:10

投稿元:ブクログ

大学においては非常識を生きるしかない。大学の人文知の大きな特徴は考える、語る対象となるものが、その場にないもの、不在であるもの。空間的、時間的に隔たっている。同時にそのような人文知の担い手があくまでもわれわれ個人の人でらるということ。

授業がつまらないという学生はまだ見込みがある。
考えるたびにある種の接続が生まれ、回路が生じて、その回路を通じて別の場所や時間からの生命が研究者に働きかけ、ものすごい勢いで多方向からの刺激が流れてくる。

2014/08/01 10:26

投稿元:ブクログ

100年凄いなぁ、、、

岩波書店のPR
https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-023885
memo info
http://www.iwanami.co.jp/moreinfo/0238850/top.html

2014/09/24 01:13

投稿元:ブクログ

広井・柄谷両氏の話は、過去に読んだ本の復習にもなって良かったと思います。ところが、シンポジウムと言いながら、特に前半は何のことだか、話がつながらず、広井さんも参加されているが、何だか無視されているような、そんな印象を持ってしまいました。司会進行役が悪いんだか何だか、それぞれが好き勝手に話している感じです。人口減少を肯定的にとらえている広井さんに対する反発でもあるのかしら。後半はまだ柄谷さんを尊重して話が進んでいるし、まだ著書を読ませていただいたことがない堤未果さんの話なども聞けておもしろかったと思います。ただ、柄谷さん本人がシンポジウムにはとうとう最後まで登場されなかった。それがちょっと物足りない気分です。一方で、本書を読んでいて、実はいまはけっこうおもしろい時代なのではないかと思えたのが良かったと思います。停滞期には入っているのでしょうが、(そうだからこそ)新たな思想がつくられようとしている。これは、何かネットなどの技術的な部分も含めて、おもしろいことができそうな予感がします。だから、それぞれがしっかり哲学しましょう!ということで、本日、鷲田先生の「哲学の使い方」をゲットしました。早く読みたい。

3 件中 1 件~ 3 件を表示