サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

1,000円以上3%OFFクーポン(~1/19)

hontoレビュー

母がしんどい

母がしんどい みんなのレビュー

コミック

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー16件

みんなの評価4.0

評価内訳

16 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍

わかる人にはわかる

2016/11/21 10:56

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:パトらっシュ - この投稿者のレビュー一覧を見る

わからない人はわからないと思います。母親に共感できない人は興味深く読めると思います。母親と娘の話ですが、男性にも読んでいただきたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

なんとも言えない

2016/03/24 16:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kayoko - この投稿者のレビュー一覧を見る

とあるサイトで無料で閲覧してから詳細が気になり購入にいたりました。理由は作者の体験がほぼ自分が味わってきたことと同じだったためです。
捉え方は人それぞれあるかもしれませんが、毒になってしまった親、そしてそういった知識の無い大人たちに子供たちが埋もれてしまわないためにも、この本に目を通されることをオススメいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

毒親に悩む人の「気づき」への入門書

2015/09/25 09:48

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:マイカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近話題の「毒親」ですが、この本は実際に毒親に苦しめられた作者の苦悩を描いたものです。
「こんなに親との関係が苦しい、でも私は幸せなんだ。私のほうがまちがっているんだ」と思い込んでいるかもしれない、毒親に悩む人々に、「ああ、うちは毒親なんだ、自分は間違っていないんだ」と気づかせてくれる本だと思います。
強烈なエピソードが多く掲載されてありますが、漫画だからこそ読みやすく、また、読みながら自分に重ね合わせやすい。あっさりと読める量ではありますが、毒親に悩む人にとっては、何度も読んでは癒しをもらえる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ここまでこじれてはいないけど、

2015/08/24 17:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やまとなでしこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ここまでこじれてはいないけど、
似たような出来事はどの親子にも大なり小なりあるんじゃないかと思う。
はっきりと暴力とかの虐待ではないけど、
親から見れば言うことを聞かない子供
子供から見れば何でも押し付けてくる親
主人公は場面場面で自己主張してるけど、それが親に伝わらず
ただ機嫌が悪いだけと片付けられる。

自立や親離れ子離れとはどういうことなのかと
考えさせられた。
一冊読みきるのがしんどい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/03/06 10:12

投稿元:ブクログ

可愛い絵柄だけど内容が強烈。これが実話なら、作者は良く幼少期から鬱にならなかったな……とゾッとしました。1人子ゆえか、成人になっても親に歩み寄ろうとする姿勢が見てて心痛かったです。自分ならもう一切の縁を切ると思う……結婚式に呼んだりとか、すごい。どの口が「死んでから親の有難味が」と言えるのか。正直父母どちらも異常者としか……
しかし、こういう親は人前では猫を被るだろうから、いることには多くいるんだろうな……

2015/10/03 02:16

投稿元:ブクログ

毒親の度合いに関する定義が難しいが、共感を覚えずにいられない……
毒親はおそらく、かつて「アダルトチルドレン」と呼ばれたもの、それは「自己愛型パーソナリティ障害」であったり、表面的には仲良しな「ともだち親子」と呼ばれる関係――が招く弊害の事だろう。

自分の思い通りに子供を動かすことが(毒親はそれを「自分は我が子をきちんと教え導いている良い親」だと思っている)教育だと思っている。
毒親は自分という軸を持っておらず、気分で教え、気分で怒る。
これには思い当たるものがあり、苦痛を感じる――
「ここから逃れたい」と願う子供。

それなのに、日本の場合は儒教的な思想・文化があるせいか、「老いた親の面倒を見るのは当たり前」という世間体故に、こうした親から縁を切れない・切れなかった子の叫び声が聞こえてきそうだ。

このコミックエッセイはキャリル・マクブライド『毒になる母親』(http://booklog.jp/item/1/4864101191)で紹介されている「悲嘆のプロセス」と呼ばれる、母親からの分離を果たすための前段階に当たるのだろう。

最後の方のページには、そうした毒親の背景にも眼を向ける著者。
母親が支配的なのは、強いからではなく(癇癪は弱さ、自身の無さの表れ)、自分という軸が無く、娘(おそらくは他者すべて)と自身を同一化しているため。
だからエイコさんの人間関係に土足で上がり込み、自身の趣味を押し付ける、勝手な想像で不安になり(杞憂)見当違いな解決策を模索したり、自分は素晴らしい人間だ(本当はそうありたいという願望の混同)……という奇行に及ぶ。
「自分という軸が無い」それは先天的な疾患なのか、高度経済成長期の「性別役割分担」や「ステレオタイプのライフスタイル」「早期教育」が招いた親子の承認欲求不足では無いだろうか――

2015/11/14 01:16

投稿元:ブクログ

誰が見ても変な両親に育った娘の奮闘記。
幼少期はそれが当たり前で変とはあまり思わなかった。
思春期頃に明らかに母はおかしいと気付かされ、
如何にしておかしな母の、愛という呪縛から逃げるかの闘いが始まる。
軽く調べた程度の知識でもわかる、
母と娘の間の典型的なアダルトチルドレンとなる要素が散りばめられていて、
アダルトチルドレンの方は当てはまる要素が多々あるのではないだろうか。
調べるほどこの漫画のようなタイプは、
母と娘に限定されがちである。
僕は言いたい。このパターンで母と息子もありえる。

2016/11/09 20:00

投稿元:ブクログ

うちって「普通」なのに、なんだか「普通」じゃない。お母さんが、重苦しい…。娘を支配し、娘を通して第二の人生を生きようとする母親との戦いと決別、そして自立に至るまでを漫画で描く。

苦しいね。

2016/08/30 21:57

投稿元:ブクログ

明るく楽しい母。
けれど、それは機嫌を損ねるまで、の限定。

最初からこの生活なら、これが当然、と
脱出する事ができません。
読んでいてかなりくるものがあります。
気持ちが沈んでいる時に読んだら、さらに暗くなるかと。

けれど、分かる部分もあります。
相手に合わせておけば、やり過ごせる、と思う所。
立ち向かった方がいいのでしょうが
もう心が折れているのです。

2015/02/03 16:49

投稿元:ブクログ

我が母と言うよりは、今の私のことだ。
子供たちに対して、同じことをしている。
この本を反面教師にして、私を変えていきたい。

2016/03/16 22:13

投稿元:ブクログ

実母との確執(?)を描いたコミックエッセイ。

“親といるのが息苦しい、でも決別するのには罪悪感がある……、そんなあなたにこそ読んでもらいたい、毒親との戦いの記録。「わたしの人生は、お母さんのまのじゃない!」母親との戦いと決別、そして自立の物語ー。”ー帯より。

 まえがき

[第1章]お母さん絶好調
[第2章]家からの脱出
[第3章]親への疑念
[第4章]しあわせ

 あとがき

かわいい絵柄に反して、内容はかなり重たかったです。このお母さん、まさに“毒親”ってやつだと思いますが、筆者が一人っ子だというのも、きっと状況を悪化させた要因の一つなのではないでしょうか。
社会人になって、一人暮らしして自立して、客観的に考えるようになれて、よかったですね。前半は、読んでいて、他人事ながら心が痛くなってくる…。
同様の悩みを抱えている人、きっと少なくないんだと思います。

2016/03/10 16:12

投稿元:ブクログ

いわゆる「毒親」をテーマにしたエッセイ風コミック。家族、夫婦、親子のあり方について考えさせられる。子どもの人格を認めること、子どもを支配しないこと、子どもに依存しないこと....言うのは簡単だけど、実際はこのコミックで描かれるような毒母って、少なくないんだろうなぁ。

2016/11/13 18:22

投稿元:ブクログ

家族の形の移り変わりが自分の家にやけに似ててびっくりした。
昔はキレて暴れてた父が一軒家に越してから突然優しくなる、とか。
この母親は私の母にも私にも似てるなー。
だからこのお母さんも昔家族と上手くいってなかったのかな、と思ってしまう。

主人公は私より妹に似てる。
あからさまにめんどくさそうに「あーわかりました、そうですね」って言うところとか。
これってよく考えたら折れてるように見せかけて不本意アピールだし、自分の方が大人アピールでもあるし、でも議論からは逃げ出してるしで、結果相手の怒りを静めることはできない、子供っぽい対応だよね。
客観的に見て気づいた。

主人公には今までいなかった、自分を肯定してくれる自分が現れたらしい。
これは私にとって新しい発見でした。
確かに、自分の肯定って世の中の人はみんなできてる。
自分の肯定は他人に求める物じゃなかったんだ。
自分が肯定してくれればこの先無敵ですね。
私も頑張ろうと思います。

2016/09/07 13:56

投稿元:ブクログ

漫画でわかりやすいですが、私自身が毒親をもつ子供でもないのに、読んでいる時はしんどかったです。毒親のもとに生まれるということは、敏感な子供時代を閉鎖的な環境で過ごすという状態なんだということがよくわかるものでした。
経験者が読むとつらいかもしれないなと思いました。でも、最終章では、克服しつつある経緯なども描いていらっしゃるので、参考になると思います。

2016/12/23 10:24

投稿元:ブクログ

読んでて色々思い出して辛くなった。
でも、私の場合縁を切るまでには至らなかったけど。それは、母が変化をしたから。だし、わたしも大人になって母の辛さがわかったからかな。
それぞれの立場に、そうなったのに事情はあったとしても、人と人との関係性の中で一緒にいて苦しくなる関係というのは存在するものです。無理に一緒にいなくて良いのだと思います。

16 件中 1 件~ 15 件を表示