サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

日本橋ビジネスクリニック×hontoブックツリー・ポイント5倍キャンペーン (~5/20)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (8件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)
14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本

最後ですが、

2016/05/18 19:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:となりのとまと - この投稿者のレビュー一覧を見る

発売されていたのを知らなかったので、発売から少したってから手に入れました。内容は安定していて、とても楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

小さな恋のものがたり 43

2016/04/23 06:29

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぬら - この投稿者のレビュー一覧を見る

私が生まれた翌年から始まったこの漫画
小さい頃から読み続けて
今巻で、そうかぁと
サリーがそうかぁと
2人の未来に思いを馳せ参じました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

突然の展開・・・

2016/04/04 18:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:めい - この投稿者のレビュー一覧を見る

昔からなじみのあるチッチとサリーの
未来に涙しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

色褪せない叙情まんが

2015/08/31 23:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ミキ - この投稿者のレビュー一覧を見る

学生の頃、読んだ懐かしい作品です。あの頃と変わらずチッチとサリーは若いままなんですね。詩がとても心に染みて心が洗われる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

やはり!

2015/08/15 06:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:まつっこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

チッチとサリーの結末はやはり!という感じでした。でも、最新号をずっと待っていたため、とてもうれしかったです。時間をあけて、何度も読み返したいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

チッチとサリーの別れ?!

2015/05/30 15:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:弥生丸 - この投稿者のレビュー一覧を見る

何年ぶりかで購入。みつはしちかこさんが闘病なさっていたことと、出版社が代わったことを知りました。(立風書房さんは、いったい、、、)

主人公の周囲にいたカップルたちの破綻(一部復活?)に驚きです。以前は、一途な恋心が強調されていましたが、どうしようもない変化が描かれるようになったことが、興味深いです。

チッチとサリーの別れ?!と、はらはらしながら読みました。読後は、なーんだ、と少し安堵。チッチにも、自分の道を見つけてほしいですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

結末がなんだかな―

2015/11/11 23:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くりくり - この投稿者のレビュー一覧を見る

1年に1冊ぐらいづつでていたのかな・・もう、40年以上読み続けたが、物語は、時代を反映せず、永遠のテーマ、大人になる前の恋。
パターン化されつつも、ついつい読んでしまうのは、誰でも同じ思いを経験しているからなんだろうな・・
だから、なんとなく終わり方が納得できないのである。「ここまで引っ張ってきて、それですか」が感想。
まあ、発刊が続かなければ、それで終わりで、出されるから何となく読んでいたもんだし、次が出るのを待ち望んでいたわけじゃあないしね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2014/12/31 18:41

投稿元:ブクログ

【借りて読んだ本】
未完のまま終わるのでは、
と思っていた。それなら
それで永遠に生き続けると
表現できたのでしょうが…
結末は、若者の未来への1歩で
前向きとも捉えられる、
けど唐突な感じもあり、
毎年最新刊を待っファンのために
ケジメで締めざるを得なかった
のかな?と。

2014/12/04 21:38

投稿元:ブクログ

チッチとサリーの物語。
小さいころに、母が買って置いておいたものを
読んでみたのが出会いでした。

最終巻と聞いて、読みたくて購入しました。
なんかラストに切なくなってしまいましたが…。
でも今までの二人にはやっぱりそうなのかな。

みつはしちかこ先生、ありがとうございました。

2014/10/02 14:55

投稿元:ブクログ

・・・とうとう、この日がきてしまった。
待っていたというか、まだまだ先であってほしいような。

小学生だった時、友達から借りて読みだしたチッチとサリー。チッチの好きな物が、自分の好きな物になっていく楽しい時間。片思いへの憧れ。
10巻が発売されて、ほっとするまでの長い待ち時間。

変わっていく自分と、いつまでも変わらないチッチへのがっかり感。物足りなさ。
だけど、変わっていっていると思い上がっていただけで、チッチの変わらない笑顔に、パワーをもらい続けていたと、気付いた、子供を持った自分。

毎年、何かを期待しながら新刊を読んで、「あー、やっぱり10巻までがいいなぁ。その中でも4巻までが最高に好きだなー」と勝手にガッカリをしたり。
だけど、変わらなさに喜んだり、ほっとしていた、子供が大きくなった頃。

いつの間にか、みつはしさんの大変さなど、慮れるようになり、いろんな角度で、チッチを読み返したりしてた、ここ数年。

新刊が出ないなー、と心配をしつつも、地震や子供のこと、介護のことで、忙殺されてた。

みつはしさんが、病に倒れたこと、ダンナさんが亡くなったことなどを知り、悲しく苦しくなった。

チッチとは、もう会えないのかな?と淋しくなった。

チッチだけは、いつもいつまでも、同じ場所で、同じでいてほしかったんだ、私。

みつはしさんが、どんな気持ちで、どんな状況で、この巻を作ってくれたのか・・・。涙が止まりません。
長い間、ありがとうございました。終わらせてくれて、ありがとうございました。これからも、よろしくです。
チッチは、ずっとずっと友達です。
あー。でも、チッチ、大人になっちゃったなぁ。

チッチのマンガも好きですが、途中途中にかいてある、イラストと詩が、とっても大好きです。

2014/09/29 23:39

投稿元:ブクログ

小さな恋のものがたり最終回がでたと聞いて本屋で購入。この前にこのシリーズを読んだのは30年以上前、もうどこまで読んだかも忘れてしまった。ドラマチックでない高校生カップルの日常のものがたりなので、特に終わりがなくてもいいかと思ったのだが、こんなに切ない終わり方をさせてしまったのかと、片思いなんて遠い昔の忘却の彼方になってしまったおばさんなのに、読後どんよりした気分になってしまった。

このカップルはチッチのまったくの片思いだったのだなと、改めて思う。毎日一緒に過ごして周囲も公認のカップルなのに、結局チッチはサリーの人生の重要な決断の相談相手ではなかったのだ。サリーと共に成長しながら歩んでいく相手でとは思われていなかったのだ。

結局サリーはチッチのことをなんと思っていたのだろうか。この漫画は女の子の視点から書かれているので不明なままで、なんか切ない。

でも実はもうほとんど忘れていたけれど、昔そういう一方通行の思いがあったことを思い出した。結局あの人は私のことをどう思っていたのだろうか。少なくとも人生を共にしたい相手とは思われていなかったことは確かだと、会えなくなってからわかった。

2014/10/28 13:46

投稿元:ブクログ

なるほど、こういうラスト…。
これは長年追いかけていた人にはたまらないでしょうね。
みつはしちかこ先生、お疲れ様でした。

2014/10/17 14:20

投稿元:ブクログ

恋がどんなものかわからない頃に読み始め、色々な恋をした後に最終話を読了しました。
ちっちの切ない気持ちは私たちの心に共感するものが数多くあると思います。
最後まで心に残るような切ない気持ちで幕を閉じましたが、小さな恋のものがたりらしくよかったです。
大好きが溢れる作品ですが、それと一緒に切なさも併せ持った素敵な作品でした。

2015/02/02 12:18

投稿元:ブクログ

昨年9月末のコミックナタリーのニュースで,完結することを知り,びっくりしました。
そして,コミックの帯に衝撃!
「さよなら……サリー。」

一応の区切りとのこと
また続きが読める日を楽しみにしています。
やっぱり,二人の恋は永遠に続いてほしいから。
ネタバレになるので,詳細な感想は書かずにおきます。

14 件中 1 件~ 14 件を表示