サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/08/10 19:05

投稿元:ブクログ

 筑豊の炭坑で坑夫として働き、廃坑となったあとその記憶を絵画として残した山本作兵衛の作品にまつわる講演録。2012年11月17日に福岡ユネスコ協会による福岡国際文化セミナーとして一般向けに行われた講演会であったという。
 山本作兵衛の絵は、独学であり芸術性というよりは過去の炭坑の記憶を後生に伝えんがための記録画である。ただその膨大な数や、文字で加えられた詳細な記録がすでに散逸の一途にある炭鉱関係の資料として貴重なのである。
 本書は五氏によるそれぞれの立場からみた作兵衛の絵の価値を述べたもので、各人各様の評価が展開されているのが興味深い。タイトルにあるように炭鉱の歴史は我が国の近代化の原動力であった。にもかかわらず、この点についての記録はすでに曖昧であり、忘却の彼方に去ろうとしている。炭坑の中で必死に生きた者達が文字通り底を支えていた日本という国の近代をもう一度考えなおさなくてはならないと思ったのである。

1 件中 1 件~ 1 件を表示