サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1209-15)

hontoレビュー

生きる力 新潮社創業者の今も、将来にも通じる処世訓話

生きる力 新潮社創業者の今も、将来にも通じる処世訓話 みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2015/02/01 15:11

投稿元:ブクログ

願はじな世はうたたねの肱枕【ひぢまくら】左かなへば右は苦しき
 作者未詳

 新潮社創業者である佐藤義亮の訓話集「生きる力」復刻版を読んだ。当初は、自己啓発本の類だろうとやや軽く見ていたのだが、日中戦争前年の1936年刊行でもあり、当時の出版人の考えを探ろうと読み進めた。

 読むと、意外にも、戦争や時局の話題はほとんどない。「働くことの喜び」「人生の事みな試験」「一人一業【いちごう】であれ」など、主に働き方、誠意を持った対応などが簡潔に書かれた内容だった。

 佐藤は1878年(明治11年)、秋田生まれ。読書好きな少年で、進学を切望したが、経済的な事情で親は渋い顔。ならば自分で、と十代後半で上京。印刷工や校正係をしながら、夜間部の大学に通い、その後ようやく出版業を始めたという。

 掲出歌は、「他所の花を羨むな」の章に引用された歌である。世の中は思うようにいくものではなく、左枕が解放された瞬間、右枕の方に負担がかかる。けれども、それを念頭に、他人と比べず日々真剣に働くのが良い、というアドバイスである。

 また、その真剣な働きには「休息」が必要とも述べている。休息を、炊飯後の蒸らす時間にたとえ、「働く前と後の間に挟まって、重要な役目をする『蒸す時間』」と名付けているのもユニークだ。

 ほか、「人生五十」とは50歳から本当の仕事ができるという意味で、それまでの年月は「基礎工事」であるという見解も奥深い。謙虚で、分【ぶ】をわきまえた働き方こそ「生きる力」につながるのだろう。

(2015年2月1日掲載)

1 件中 1 件~ 1 件を表示