サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~1/31)

2017冬 メディア化キャンペーン(2017/1/17)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー13件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
13 件中 1 件~ 13 件を表示

2014/11/30 12:21

投稿元:ブクログ

2030年には医療は国内最大の産業に。国内医療改革。海外への医療産業の輸出。リバースイノベーション。

2015/06/18 09:54

投稿元:ブクログ

医療産業についての本です。
健全なサービス業として捉え直し、提供者、利用者にとってwin winな医療とは、を考えるヒント。

国民皆保険制度はすでに成り立たなくなっており、
無理やり存続させる為に 点数あたりの診療報酬を下げ、新薬(高い)の認可を遅らせる厚労省。

経営存続の為、

→医療現場では人を減らす

国民皆保険らフリーアクセス、という点が魅力のようで、
そのアクセス先である医療の質は、まったく保証されていない。同じ点数の医療行為なら全国一律同料金。それが最新の装置で行われても、古びた装置で行われても。


→ 設備投資をしない病院。
→ 診療報酬の高い医療を提供する病院。
→ 保険適用外、美容など儲かることのみ行う病院。


保険料の滞納者が増えている
しかし
医療の利用者は増えているいる。皆保険

2014/10/12 08:24

投稿元:ブクログ

医療は今後大きく飛躍していく分野だと思って手にとった一冊。援助というのは表向きとても良いように見えるけれど、効果は一時的なものに過ぎない。「ビジネス」でなければ継続出来ない。

2014/12/13 14:41

投稿元:ブクログ

書き出しの「ムーの大群が川を渡る話」に始まり、それに内容が伴って、見事に帰結している。
この著者は、本物のイノベーターであり、文才もある。
最高に素晴らしい本である。

2015/02/07 15:19

投稿元:ブクログ

G型(グローバル)、L型(ローカル)の経済が話題になってますよね。
医療はきっとこれからG型でもL型でも日本の中心になりうる産業だと思います。その両面から医療を変えようとしている著者の行動力は月並みながらすごいの一言。
ワンコインの検査や、YES,NOの質問に答えれば診断してもらえるサービスはぜひ受けてみたいですね。

あと、地域に貢献することで、インセンティブ(医療に使える通貨?)を受け取れるような制度が著者の病院にはあるようです。
先日テレビでも「歩数計の歩数に合わせて、地域で使えるポイントをもらえる」という制度が試行されているというのを見ました。
こういう動きが広がってるんでしょうかね。

余談ですが、著者が数年前に病に倒れたとき、病院が自分なしでも回っているのを見て、「これからは自分の理想の実現(=日本の医療を変えるために、脳という言葉がないような国でリバースイノベーションを起こすこと)に集中しよう」と思ったそうです。

年末にカップヌードルミュージアムに行ったとき、創業者の方が晩年に宇宙食カップヌードルを作ったという話を見ました。
先輩と「これはペイしないだろうなあ…」という話をしてましたが、これってきっと似たような話なんじゃないかな、と思いました。
かたや理想の医療を追い求め、かたや究極の携行食を発明する。
志を持つ人こそが、理想に達することができるのだなあと改めて思います。

2015/01/18 17:33

投稿元:ブクログ

『「病院」がトヨタを超える日』の著者。公演も聞いたことがありますが、還暦を迎えられても熱い魂は健在。
前作を読んだ方にもその後のプロジェクトの進行など、面白いと思います。
ブログにまとめました。
http://d.hatena.ne.jp/fujiwarakenji/20150118/1421568171

2014/12/26 00:48

投稿元:ブクログ

ぶっ飛んだ内容のようで、しっかりと根拠があり、実例がある。自分の考えを実践して、結果を残している。医療という切り口から、日本のビジネスのあり方を説いているビジネス書だった。医学系の書棚に置くべき本じゃないなと思った。
社会を変えるのは政治ではなく、ビジネス。利益を出してなんぼ。当たり前だけど、これはとても頭に残る内容だった。

2015/02/03 19:13

投稿元:ブクログ

国民皆保険制の撤廃と、病院の株式会社化を主張する一冊。既存の制度概要と医療現 場の課題のズレ、そして日本国内の潜在的な医療従事者層の厚さといった一側面を学べる。 主張に対する裏付けとして、海外事例が もっとあれば良いと感じたがなかなか実態としては少ないのかもしれない。

2014/12/09 14:53

投稿元:ブクログ

医療に対する考え方が従来の医師の考え方とは異なります。
きっぱりと社会を良くする唯一の方法はビジネスであると断言してます。
北原氏は、これまでの常識を疑い新たな仕組みつくりに挑戦しています。
閉鎖型の医療では、日本の未来は行き詰まりです。
医療を日本の一大産業に育て上げて外国へ輸出しようという発想はおもしろいと思います。
特に世界に先駆けた高齢者医療・介護システムのノウハウを世界に広げることは可能かもしれません。
これからの展開が楽しみです。

http://ameblo.jp/nancli/entry-11962386786.html

2014/12/13 17:51

投稿元:ブクログ

既存の枠組みに入りきらない北原先生の考え方・思いが伝わってくる一冊です。
よい意味でぶっ飛んでいますね。

2015/02/28 16:11

投稿元:ブクログ

21世紀は医療の世紀として、「医療」をビジネスとして捉える面白い話であった。
現在、日本においては医療は国の運営による完全な福祉であるが、
それを超高齢化社会となる2030年までに日本の基幹産業(ビジネス)に変えていこうというもの。
そうは言っても決して夢物語ではなく、カンボジアやブータンではすでにそのための救急医療センターの設置などがスタートしている。
キューバやタイなどの諸外国がどのように医療を位置付けているかという話も興味深かった。
それらの事例は非常に説得力があり、
高齢化が劇的に進む日本においても、従来の医療制度を見直し、変革していくこと重要性を強く感じさせられた。

最後の章にある「常識を疑い、それをビジネスにして変えていく」という言葉は強く共感する。
正しく世の中を変えるのはビジネスだということ。
それが例え医療であっても。

2015/10/12 21:30

投稿元:ブクログ

医療システムに提言を投じる1冊。医療のビジネス化を行うことで医療サービスの向上を図る、医療が今後の日本の基幹ビジネスとなる等、読んでいて説得力のある内容が並ぶ。なぜ実践できないかと考えると医療が聖職である考え方と既得権益の壁。どの改革にも同じような問題が並ぶという事か。気づかされたことは、人を幸せにすることが医療行為という考え方。この考え方から言うと、私も医療従事者かな。

2015/11/22 22:49

投稿元:ブクログ

病院を経営されている現役の方の医療制度と社会の変革の話
医療費崩壊を防ぐために民営化と個々人の医療へのアプローチの仕方を問う、今も海外から実践されているためになる本
すぐに病院にいくなどして医療漬けになってる日本社会と海外との仕組みの差、また聖職者としての医療を求めすぎていて現行制度との齟齬がどう生まれているかがわかりやすく書かれています

今実際に著者の方が実行されていることとその目論見など含め、考え方を改めさせられる読みやすくわかりやすい良書でした

13 件中 1 件~ 13 件を表示