サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー3件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
3 件中 1 件~ 3 件を表示

2017/04/11 20:13

投稿元:ブクログ

ラストベルトの労働者、ウォルマート創業者、サブプライムで傷をおった人、ジェイZ、ピーターティール、再生エネルギーで地域再生を夢見る人、ワシントンのロビースト、元GSの会長。
さまざまな階層、地域の人々の人生を紹介し、アメリカがこの数十年でどういう変貌をとげてきたかを丹念に取材した良作。
ここの人々の人生の歴史もとても興味深いが、その人の生活、価値化、コミュニティがどうかわっていったか?がとても興味深くよく描けている
なぜ中産階級が没落し、トップ数%が圧倒的に豊かになったのか?についてはいろいろな本で語られているが、マクロな視点ではなく、ミクロ視点で、その変化で人々の生活、コミュニティがどうかわったのかを伝えている。
いちばん印象的だったのは、ショッピングモールができると生活は便利になるが、それまでは地域の店におちたお金がその地域で循環していたのに、外にでていってしまう。なによりも問題なのが、地元の商店がつぶれることで、それは店の消失だけでなくなによりもそういう店主は地元のリーダーであり自治会のキーマンでありリトルリーグの世話人だったりで、失ったのは店ではなくリーダーである、という指摘。
これはそのまま日本でもあてはまる現象ではなかろうか?地域の再生にはリーダーが必要で地域の人材不足が語れるけど、この数十年でわれわれは地元のローカルリーダーのビジネスを破壊してしまい、逆に全国区のチェーン店のトップ(全国区のリーダー)を生み出しもてはやしてきた。その結果、当然、地域にはリーダーがいない・・といまさらなげいている。
規制緩和、自由化、大企業の躍進でわれわれが得たことは膨大にある。正月だろうとも買い物をたのしみ、かんたんに海外製品を購入でいる。一方で、得たものがあれば必ずうしなったものがあり、それがなにか?を考えさせられるルポ。人物取材を多面的に組みあわせてひとつのクロニクルをつくるすばらしい作品。

2014/10/20 17:00

投稿元:ブクログ

現在のアメリカは貧富の差が激しく、豊かな人は更に豊かに、貧しい人は更に貧しい生活を強いられている。。。そんな綻びかけているアメリカで、実在する人物達の人生を織り込むかのようにストーリーが展開されていく。中心的に描かれるのは4人だが、その他にもたくさんの人物が登場する。努力してもなかなか報われない世界で、希望を見失わない。挫けそうになっても力を振り絞り、何度も立ち上がろうとする人物が沢山描かれている。読んでいると陰鬱な気持ちになり、救いようが無いような気持ちになってしまうが、それでも前進しようとするこの本の登場人物たちに勇気づけられる。著者は密着取材やインタビューを重ねてこの本を書いた。嘘のないアメリカの現状がこの本の中にある。

2014/10/26 06:56

投稿元:ブクログ

アメリカは元々植民地経営社会。どれだけ、中流社会を翻弄し、空洞化してきたがよくわかる本。その中でどう生き抜くか、前を向いてチャレンジし続けた人たちの物語。ミラノ出張のお供1でした。

3 件中 1 件~ 3 件を表示