サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.6

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
10 件中 1 件~ 10 件を表示

2014/09/11 06:53

投稿元:ブクログ

レビューはブログにて
http://ameblo.jp/w92-3/entry-11919722407.html

2016/09/22 23:17

投稿元:ブクログ

万事控えめな日本人から見れば、男性でも身につまされることが多い反面、本書で提示する人材像はかなりアグレッシブで、こういう人間が職場にあふれると、さぞや組織は荒れるだろうと思った。

2015/07/12 01:08

投稿元:ブクログ

同じ様なテーマの本を続けて読んだため、重複する内容も多かった。
耳が痛い項目あり、目からウロコの項目あり…色々参考になりました。

2016/01/12 18:12

投稿元:ブクログ

参考にできそうなところと、そうでないところ
(それをやったら角が立ち、仕事しにくくなるな)があった。
全体的にはこれから独立自尊でやっていくためのバイブルになるだろう。

2015/06/03 10:00

投稿元:ブクログ

http://catalog.lib.kagoshima-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BB16305223?caller=xc-search

2015/09/19 17:23

投稿元:ブクログ

ためになる本。女性は主張しない、大人しいという一般的な見方はあるが本書は各エピソードから女性が陥りやすく、それゆえ損をしている状況を如実に語っている。
私は女の子だった。これからは大人の女性になる。

今後取り組むこと。
•許可を求めない。やろうとすることを伝える。
•会議では身を乗り出す。
•無意味に微笑まない。
•既成事実を甘受しない。
•認められるのを待つのではなく、成果を主張する。
•服装はフェミニンではなく有能さをアピールする

2014/11/28 15:49

投稿元:ブクログ

さらっと読める良書。もっと若い自分に読ませたかった。
期待に応えようと必死にがんばりすぎてはいけない。自分でハードルを上げてしまうと翌年が大変になる。
言いにくいことは、「大変言いにくいことですが、お耳にいれておきたい件があって」と切り出すとうまくいく。エレベータースピーチに磨きをかけるなどなど参考になりました。

2015/02/01 23:18

投稿元:ブクログ

目からうろこが出る本でした。私の仕事のやり方を一変させた本と言っても過言ではありません。女性にありがちな、良かれとやっていることが実は裏目に出ているというポイントが分かりやすくまとめられていました。

2015/03/15 21:57

投稿元:ブクログ

自分を知り、意識と能力を高めること。そして必要な行動が無意識のうちにできるようにすることが、大人の女に求められる。中でも、話し方や対応の仕方を変え、自分を堂々とアピールする、という点が、刺さりました。

2016/07/29 19:28

投稿元:ブクログ

職場における自分のパフォーマンスや行動を生み出す思考を改めて「女」という特性を軸として考えるのに役立った。
・人を助けることによって、自分の評価を確認する女性が多く、そうした仕事に女性は就きがち。
・権力を持つ男性と話をするときは、感情のアンテナはシャットダウンし、その人の発言内容に集中すること。
・職場における見返りは悪いことではない。便宜を図るときは簡単そうに引き受けない。行為の交換価値を見くびらない。かしかりは有能である上での技術。
・自分のブランドや付加価値をすぐに言葉で表現出来る「エレベータースピーチ」を日頃から準備しておく。
・認められるのを待たない。自分から成果や苦労した点について定期的に成果報告をしたり、話し合いの席で同僚や上司とシェアすること。
・良いこと、良心に従うことが、職場での正解ではないことも多い。自分に利益はないことを覚悟すること。
・業界の専門用語などを頭に入れ、パッと出てくるように日頃から情報収集をすること。

10 件中 1 件~ 10 件を表示