サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0224-28)

hontoレビュー

海岸通りポストカードカフェ(双葉文庫)

海岸通りポストカードカフェ みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

8 件中 1 件~ 8 件を表示

2016/08/06 13:49

投稿元:ブクログ

「カフェ」「ポストカード」「海岸通り」、3つ好きなものが並んだ。そして手に取ってみれば、明らかに、私の大好きな横浜の街並みが描かれた表紙。大好きなものだらけで、「これは読むっきゃない!」と手に取った。割と読みやすくさくさく進むので、数時間で読了。ポストカードを店内に掲示し、人と人、人と思い出、人とその人自身、を、繋ぐ手助けをする居心地の良いカフェの物語だ。
内容的には、まぁ、可もなく不可もなく、普通の読み物といった感じ。展開はショートストーリーの詰め合わせのような感じなので、ちょっとした隙間時間にも読める。内容が簡単なので変に頭も疲れない。ただ、人物描写にあまり深みが無いのと、人々の喜怒哀楽の感情を呼び起こすきっかけや展開が強引なところがあるので、あんまり感情移入したり共感したりはできなかった。いやいや、そんなんでそこまで考えないでしょ、とか、ちょっとそれ都合良すぎる言い訳でしょ、みたいな。一応、お店そのものの危機、というドラマの種もあるのだけど、あんまり綺麗に花開かなかったような・・・。
雰囲気というか、設定だけは本当に素敵。こんなカフェが近くにあったらなー、とか、ああ、久々に横浜散歩したいなー、とか、自分自身のほっこりした気持ちや記憶が戻ってくる。

2015/02/15 16:40

投稿元:ブクログ

横浜の港の片隅にある、壁一面にポストカードを貼って公開し永遠に保管するという風変わりな喫茶店。そこで巻き起こる様々な人間模様を描く連作短編集。
爽やかさはあるが、登場人物の個性に深みがない。老若男女の全員が画一的で面白味に欠ける。悪い奴がいてもいい。でも、悪の道に入った経緯が物語には大切だ。みんな爽やかで善人だらけのストーリーなら、小学校の道徳の時間と一緒である。

2014/10/11 19:15

投稿元:ブクログ

送られてきたポストカードが店内に飾ってある。たくさんの人の気持ちや思い出がつまった、ポストカードカフェが舞台。

こんなカフェがあったら行ってみたいなぁ。

この作品が好きなら、吉野さんの“思い出あずかります”も好きになると思います。

2014/08/05 18:31

投稿元:ブクログ

祝文庫化

双葉社のPR
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-23753-5.html
(単行本)
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-51700-2.html

2015/02/28 19:54

投稿元:ブクログ

登場人物たちの暗い過去や葛藤が、
淡白なタッチで書かれてるので、
読み応えが足りなく思えてしまう。
現実感がなく思えてしまう。

でも、だからこそ
サクサクとテンポよく読める。

ポストカードに託された
人々の思い、大切にしたい。

2015/04/08 08:11

投稿元:ブクログ

葉書を綴ることは面倒だ。

時間がかかる。
お金がかかる。
保存も大変。


葉書を綴ることは思い出を残すことだ。

時間をかければ思いがこもる。
お金をかければありがたみが増す。
大切に大切に保存する。


メールやSNSが当たり前の時代だからこそ
大切な人にしか綴ろうと思わない葉書
葉書をもらうことはもちろん、
綴っている時さえ愛おしい。


ただの文(ふみ)ではなく、
葉書は思い出だ。

そんな思い出たちを、残し続ける場所
ポストカードカフェ


もし現実の世界に存在するのであれば
訪れてみたいものである。

2014/10/09 00:10

投稿元:ブクログ

壁一面にポストカードが飾られているカフェのお話。

凄く好きなタイプの本。
2つ目の話の主人公が最悪の男だったからこの先もこの人の話だったらやだなって思ったけど、そうじゃなくて良かった。まさかの伏線でびっくりだったけど…。私は性悪説に1票。

ポストカードを公開しちゃうのに最初はびっくりしたけどなんか良い。ポストカードを送り合う相手なんていないので凄く羨ましいな。このカフェがあれば家族に見られないし、見たいときに何時でも見られる。
うっすらとブルーに染まった風を感じて歩きながらポストカードカフェを探してみたいな。

2015/03/03 05:26

投稿元:ブクログ

横浜みなとみらい、ランドマークタワー内の書店で巡りあったこの本。
「みなとみらいが舞台です!」のPOPとともに平積みされて、思わず購入してしまいました。
大好きなみなとみらい、情景を浮かべながら読みました。
ポストカードカフェ、実際に小豆島に近いものがあるそうなのですが、場もいいですけど、何よりこの登場人物のような人たちが集うカフェ、私も行ってみたいです。
すてきなカフェは多いけど、人と繋がり合えることはあまりないし、そういう意味で、こんなカフェが増えたらいいなと思います。

8 件中 1 件~ 8 件を表示