サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【ネットストア】雑誌全品ポイント2倍(~2/28)

hontoレビュー

ファンタズマゴーリア

ファンタズマゴーリア みんなのレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

4 件中 1 件~ 4 件を表示

2015/01/18 22:07

投稿元:ブクログ

イラストが可愛く、初めての作者さんでしたが、読んでみました。時間軸が行ったり来たりなのでそこら辺は、理解を放棄しちゃいました。それより、作者が伝えたかったものとらえようとしたんですが・・・やっぱり雰囲気読みで終わりました。

2014/11/13 13:45

投稿元:ブクログ

まずタイトルの意味が気になった。
Wikipediaを参照し、引用する。

「ファンタスマゴリア」
■英語で(走馬灯のように)次々と移り変わる幻影の意味。
■18世紀末にフランスで発明された、幻灯機を用いた幽霊ショー。ファンタスマゴリー。

タイトルに関しては読み終わった後に調べたのだが、「幽霊ショー」の意には納得。
作中でも、「人間世界における僕たちは、言うなれば白昼の幽霊かホログラムのようなものだ」
(p.48 6行目)と登場人物の一人が言っている。

しかし、いくら上っ面のものを調べたところで、よくわからないというのが正直な感想。著者が何を言わんとしているのかが理解できない。いや、そもそも明確な主張が必ずしもあるとは限らないか。「こんな空想があってもいいよね」というのを作品にするのだってありなのだから。

『ファンタスマゴリアー光学と幻想文学』(ありな書房)を参照すれば、多少なりとも理解に近づけるだろうか。
いずれにせよ解説が欲しい。表紙はエンタメ色全開なのに、中身は甘くない。文学って難しいなあと思いつつも、「読む」ってこういうこと(物語を構成している核に触れること)なのかなあと感じました。

2014/10/06 22:58

投稿元:ブクログ

少年マルテと少女マルタの三つの世界を巡る冒険譚。
西島大介の装丁の可愛いさよ。

キャラクターが次々と現れ、世界はめまぐるしく転換する。
たくさんの出来事に巻き込まれていくのに、これは運命だと信じて疑わなかった。気がする。

「それはとてもロマンチックでファンタスティックでアメージングなことだよ」という台詞そのままに三つの世界はファンタスティックでロマンチックでアメージングだった。

いまここに、ピーナッツがあったら、わたしはそれを噛むだろうか。ぽきり。

2015/01/23 19:43

投稿元:ブクログ

人間世界、そのミラーワールド、地底世界、過去、未来、色々と行き来しながらの、童話的な不思議な世界だった。
でも、よく分からなかった・・・。

4 件中 1 件~ 4 件を表示