サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

修正:【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン(~4/4)

hontoレビュー

「私小説」を読む(講談社文芸文庫)

「私小説」を読む みんなのレビュー

文庫

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)
1 件中 1 件~ 1 件を表示

2014/10/10 22:32

投稿元:ブクログ

志賀直哉、藤枝静男、安岡章太郎、3名の作家論を収録。タイトルの『私小説』は『わたくし小説』と読むのが正解らしい。
細部に拘りテクストを読み解いて行く評論の流れは『「ボヴァリー夫人」論』と同じ手法。
『私小説』というと何かと議論になる主題だが、ただ『テクストを読むためだけに』を理由に書かれた評論は珍しい。結局のところ、小説というのは読んでいて面白いかつまらないかが重要であり、それが私小説だろうがナントカ主義だろうが、面白いかどうかという意味ではあまり関係がないのだ。

1 件中 1 件~ 1 件を表示