サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

hontoレビュー

○○○○○○○○殺人事件(講談社ノベルス)

○○○○○○○○殺人事件 みんなのレビュー

新書 第50回メフィスト賞 受賞作品

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー60件

みんなの評価3.4

評価内訳

60 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本

大人のあなたに

2015/01/12 13:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めに警告,純な少年少女が読んではいけません。
開いた口が開きっぱなしな本を読んでも,笑って許せる大人なアナタが読む本です。

いわゆる孤島型密室殺人です。伏線もきちんと張られ,また回収されており,その奇想天外,抱腹絶倒な種明かしを除けば,ミステリとして楽しめます (表紙絵のエロイ女の子までが,実は伏線なのです)。

おススメですが,読んだ後,怒らないでね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

新感覚

2015/02/18 01:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ANT - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルからも分かるように、肝心部分が○○で表されており、実際には本書の内容も犯人や動機を当てるのではなく、タイトルを当てるという新感覚な推理小説であり、興味を引くこと間違いなしであろう!文章自体も読みやすく、話にしっかりのめり込むことができる。僕は、終盤に差し掛かろうかというところで、タイトルに入る○○がなにか気づいてしまったが、それはそれで面白かった!なかなか新しい感じで、楽しんで読むことかできた!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

こんなのってありですか(笑)

2015/10/31 21:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:スイ - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトルを当てるという異色の推理小説。沖健太郎の南国モードの豹変に唖然とし、登場人物たちがヌーディストだったいう叙述トリックに愕然とさせられたりとさすがは第50回メフィスト賞受賞作。読んでる途中で何度も笑ってしまったけれど、タイトルの正体は本当にいい感じでくだらなかった。けど笑えるだけではなく、伏線の回収とかきちんとしていてミステリーとしても完成してるんですよね。次回作も読みたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

読み返さずにはいられない作品だ

2014/10/16 21:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:森羅万象 - この投稿者のレビュー一覧を見る

解決偏で世界観のすべてがひっくり返る。
今年のバカミスは、本作品だな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

悪くはないんだけど

2015/08/16 09:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:mint - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまり面白く読めませんでした。読みやすいのはいいのですが、あまりに軽すぎる印象です。メフィスト賞受賞というのがなければ、もう少し楽しめたかも知れません。メフィスト賞は気骨のある感じの、もっと本格的なミステリというイメージだったので、ちょっとガッカリしました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2015/12/30 10:23

投稿元:ブクログ

前代未聞のタイトル当てミステリというのが気になり購入。
これは・・・紛れもなくバカミス。
当然詳しくは書けないが、いろんな意味でくだらない。
登場人物もトリックもこのノリも個人的にはあんまりだったけど、気楽に読める作品。とりあえず映像化は無理です。
あと自分も主題歌当ては分かりません。誰か解決編プリーズ。

2016/03/29 20:27

投稿元:ブクログ

解決編あたりから読むペース上がってしまって、〇〇は何かを考える隙が無くなるくらい引き込まれた。面白い。

2014/12/21 06:29

投稿元:ブクログ

メフィスト賞受賞作。
題名あて殺人事件。
各紙・書店員さん絶賛。
などとの煽り文句でこれはぜひ!という一冊でしたが。
読み終えた直後は壁本一歩手前~
というのが一応の感想。

しかし、一夜明けあの一冊のアレコレ
一晩中反芻していた自分に気が付き
まさかのびっくり本だったか・・・と思ってはおります。

2014/10/20 13:16

投稿元:ブクログ

映像化不可能な第50回メフィスト賞作品

<あらすじ>
アウトドアが趣味の沖らは、フリーライター・成瀬のブログで知り合い、仮面の男・黒沼が所有する孤島で毎年オフ会を行っていた。
他のメンバーは大学院生・渚♀、医者・浅川♂、弁護士・中条♀、黒沼の妻・深景の計7人。
だったが、今年は成瀬が若い恋人・らいち♀を勝手に連れてきた。

メンバーが孤島に着き、いつも通りワイワイ楽しんだ翌朝、参加者の浅川と黒沼の妻・深景が突然いなくなる。
深景の部屋には「駆け落ちする」という置き手紙が。

さらに翌日、成瀬が外で死体となって発見される。凶器はアイスピックだった。
しかも成瀬の部屋を調べると針と糸で密室にした状態だった。

その夜、らいちが成瀬が死んで寂しいと沖を誘惑し、2人がSEXしていたとき、中条と渚は何者かに襲われ昏睡状態に、、、

一体犯人はダレなのか?
らいちが犯人を明かす。


<オチ>
メンバーが毎年行っていたオフ会はヌーディスト、全員ずっと裸でいる会だった。

らいちは浅川と深景が居なくなったとき不審になり、宿泊所の出入口に隠しカメラを設置していた。
そこで成瀬が死んだとき、誰も手に凶器のアイスピックを持っていなかったことから、メンバーの中で唯一凶器が隠せる仮面を被った黒沼が犯人だと推察。

らいちは中条と渚を昏睡状態にして、仮面以外に凶器が隠せる場所である膣と肛門を調べ、その夜沖とSEXして沖の肛門も調べたのだった。

しかも黒沼夫妻は殺されていて、仮面を被っているのは黒沼ではなく浅川だとらいちは指摘。

でも常に裸なのに、浅川が黒沼に入れ替わるのは不可能だよ、、、だって黒沼はムケてて浅川は皮被りだもの、、、

なんと浅川は美容形成の医者で包茎手術したのだ!
成瀬の部屋の密室トリックは、針と糸で包茎手術を連想させるためのダイイングメッセージだったのだ!


<題名のオチ>
頭隠して尻隠さず

2015/09/14 00:59

投稿元:ブクログ

大ネタ一発の衝撃が強くそこに触れると一気にネタバレとなってしまうのでともかく読んでもらうしかないかと。謎解きの論理はしっかりしているのに話している内容がくだらな過ぎて笑ってしまうバランスはズルいし、オチの不思議な余韻にポテンシャルを感じた。ネタ量が絶妙で、このページ数よりも多ければブチ切れる人が多く出そう。

2015/06/24 16:11

投稿元:ブクログ

なるほどね。これは面白い。

しかし、面白さを語ることは許されない。

唯一語れるのは、上木らいちが魅力的ってこと。

2014/09/17 07:49

投稿元:ブクログ

久しぶりに「これぞメフィスト賞!」と思える作品が来ました。いや〜、良くも悪くも「メフィスト」らしさ満点(笑)。

壮大な叙述トリックとその伏線の描写、容疑者リストから除外する為の探偵のアクション、謎を構成するあらゆる要素が、徹頭徹尾、「下ネタ」です(爆笑)。

針と糸によって作り出された密室が示唆する(下品な)トリック。
意外すぎる凶器の(下品な)隠し場所となりうる場所。容疑者達が隠し持ち得たかどうかを確認する(下品な)方法と、確認する為に探偵が仕込んだ(下ネタな)罠。

こうまでやられると、「おいおい下品だな〜!」を超越して、「ここまでやるか…すげーな…(ゴクリ…」となってしまう不思議(笑)。
「タイトル当て」がメインテーマのはずが、途中からすっかり忘れて謎解きに没頭していました。破天荒なんだけど、ミステリとして成立してるのがすごい(麻痺)。このタイトル当ての部分も下ネタだったのもすごい。

個人的には、「お色気シーンといえば朝チュン程度」というミステリの定型をガッツリ壊してきた点が一番衝撃だったかな〜(笑)。

メフィストスキーの方は読んで絶対に(?)損はありませんし、ミステリスキーならネタとして情報持ってても良いんじゃないでしょうか。…今後、こういうの増えそうだなあ…それはそれで不安だぞ…。

く、くだんね〜〜〜!となりつつ、何故か追わずにはいられない、メフィスト賞がメフィスト賞たる所以の本作、オススメはしにくいですが、18歳以上の方に読んで欲しい作品です( ^ω^ )

メフィストって、本当、チャレンジャーだなあ(笑)。
このチャレンジ精神に敬意を評して、星4つ付けちゃいます\(^o^)/

2015/02/04 01:12

投稿元:ブクログ

バカミスと呼ぶには、あまりにももったいない怪作。事件の解決からタイトル当てまで一気に収束していくのは素晴らしい。

2014/10/30 18:13

投稿元:ブクログ

メフィスト賞受賞作。犯人当てにしてタイトル当て。だけどこのタイトルって……あ、そういう意味なの?(笑)
たしかにところどころ「?」と思える個所があったと思ったら伏線でした。なるほど、本格ポイントは押さえてます。でもどっちかっていうと……完全にバカミス。とりあえず、映像化は無理な模様(笑)。

2014/10/15 17:07

投稿元:ブクログ

『俺たちは肩を竦めて、首切りの動機が優れた作品ランキングに切り替えた。するとそれも駄目だと言われた。それじゃ一体何を話せと言うんだ。』

『「鍵を掛けて誰も入れなかったらいいんでしょ!」
そう言い残して、さっさと出ていってしまった。何という死亡フラグ。』

60 件中 1 件~ 15 件を表示