サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年5月)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリーが贈る あの著者が選ぶ『テーマで読む5冊』:ポイント5倍キャンペーン

hontoレビュー

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)
2 件中 1 件~ 2 件を表示

2015/01/25 06:10

投稿元:ブクログ

この本の著者の佐藤氏の本は以前に読んだことがあり印象に残っています。先日図書館に立ち寄った時に新着本コーナーに並んでいて手に取ってみました。

この本では、自分の行動を決めているのは「口癖」であると強調しています。個人的には口に出す前に心の中で呟くことも、この本で定義するところの口癖に入ると私は思いますが、毎日多くの思い付きがなされていています。

それらは殆ど同じ内容の繰り返しが多く、口癖の通りの行動を取っている様です。自分を変えようと思ったら口癖を変えることが重要の様ですね。

特に印象に残ったのは、成功者は語彙が多くイメージ力が強い(p72)、脳内コンピュータには人称がなく、言葉を全て自分の事として読み取る(p94)、どんなことであっても、言葉に出したことは全てそれを発した人間に返ってくる(96)でした。

以下は気になったポイントです。

・人は誰でも、いつも口にする「口癖」どおりの人生を送っている(p1)

・有名な人の生き方論、成功論にはどれも大きな限界がある、それはどれも精神論ばかり、その理由は人生50年という時代に生きてきた人だから(p3)

・誰でも様々なことを考えながら生きている、その思い描く力には限りがない(p17)

・人間は頭で考えた通りに行動を起こすので、思い込みが強ければ強いほど行動にも表れてくる(p18)

・行動の原動力になるのは、男性の場合は「能力」女性の場合は「容姿」に対するイメージ、ここで大切なのは他の人と比べる必要はない。これらは人生を支配する重要なキーワード(p22)

・身だしなみに気を配るのは大事、オシャレをせずに自分をよくしたいと思ってもダメ(p28)

・古い脳(自立心経系)と新しい脳である大脳は全く働きをしているが、唯一これらを結び付けているのが想像力、古い脳は新しい脳が想像したものに対しては反応できる。ポイントは古い脳は、事実と想像とは区別がつかない(p38)

・人間というのは、快の状態でないと目標も希望も持てない。快の状態にするには、ジョギングが有効。ベータエンドルフィンという脳内麻薬が発生する、3か月もやれば自然の摂理に従って「快」の状態をつくれる(p51、53)

・目的や希望を口に出すと、それは大脳の側坐核にある部分に伝わる。側坐核は、目的達成機構であり、送られてきた目的や希望を実現すべく、ここから脳全体に向けて伝令が出される(p54)

・本当に幸福な人というのは、自分と取り巻く環境に対して、本当に数多くの感謝の対象を発見することができる(p58)

・目的達成機構というのは、ひとたびその目的を入力したら取り消さない限り、必ずそれを実行するようにできていて、人間のすべてを支配している。それを上手に使えるかで人生は決まる(p72)

・大事なのは、設定した目的が全部視覚化され、映像にならないとダメ。自分の頭の中に絵として明確に想像できるものしか目標にならないのが特徴(p73)

・多くの言葉(語彙)を知っている人のほうが想像力の幅が広がって、質的に高い人生を表現できる。つまり成功者は失敗者よりも語彙が多い。更に、人間が言葉で考えているからこそ、脳のコンピュータは言葉を読み取れる(p79)

・脳内コンピュータには人称がなく、言葉の意味を全部自分のこととして読み取ってしまう(p94)

・喧嘩をすると腹が立つのは、相手の言葉ではなく自分が発した言葉に腹を立てている(p95)

・どんなことであっても、言葉に出したことは全てそれを発した人間に返ってくる(96)

・人生が充実した実りあるものになるかどうかの分かれ目は、自分の言葉にある。そのために大切なのは、自分が挑戦してみたい分野の言葉を、意識的に習慣として使う。それにより少しずつその道が開ける(p102)

・できるだけポジティブな言葉を使う、ネガティブなことを言いそうになったら、それをどうポジティブな表現にしていくかを考える。どの様に断るかではなく、脳のコンピュータにどんな言葉を入力するか(p108,110)

・継続(1~2か月)→変化→自信→確信、私達の姿は習慣の産物、行動も顔の表情も口癖も、つきつめてみれば習慣をしてやっていること(p115)

・失敗を決定的なダメージと感じてしまうか、失敗を次のステップへの布石だと思えるか、ここが大きな違い(p122)

・イメージするのに必要なのは、自分がした経験、知識及び情報、知らないことは想像できない(p128)

・普段の生活とは違う空間を意識的にもつことができるかがポイント、これが発想の転換である(p168)

・一人時間をいかに過ごせるかが大事、一人のいい時間が持てなければ他人とのいい時間など持てない。自分自身が充実できる時間を持つには、お金をかけて少し贅沢をしてみることも大事(p172)

・60歳になったときにやりたいことを探しても見つからない、それは自分が本当にやりたいことは、その動機が子供のころに作られているものだから(p194)

・究極の口癖は「これでいいんだ」、この一言だけで、人生はだいたいうまくいく(p200)

・一つの話を6回すれば自分の身についてくる。話すときに注意は、悪いことはけして言わないこと(p203)

2015年1月25日作成

2014/10/13 23:38

投稿元:ブクログ

著者の口ぐせ理論は聞いたことがあったが、本書で初めて具体的に内容を知った。
今後是非とも取り入れていきたいと思う。

2 件中 1 件~ 2 件を表示